体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【台湾】美味しすぎる「酒釀かき氷」が食べられる赤峰街の雑貨店「心地日常」〜お土産探しにもおすすめ〜

【台湾】美味しすぎる「酒釀かき氷」が食べられる赤峰街の「心地日常」
台湾といえば、ミルク氷を削ったかき氷「雪花冰」が有名。マンゴーや紅茶などの味のものが人気ですが、ちょっと変わり種のかき氷が食べられるお店があるんです。それは「酒釀(チューニャン)」という中国の発酵食品を使ったもの。

この酒釀を使ったかき氷を食べるために、台北の中山駅の近くにあるお店を訪れてみました。

オーナーが厳選した雑貨が並ぶ「心地日常」

【台湾】美味しすぎる「酒釀かき氷」が食べられる赤峰街の「心地日常」
酒釀を使った話題のかき氷が食べられるのは、中山駅から徒歩5分程度の路地裏にひっそり佇むセレクトショップ&カフェの「心地日常」。「氷」の看板とキャリーカーが目印です。

この辺りの「赤峰街」と言われるエリアは、昨今センスのいいお店がどんどんオープンしているオシャレエリアと言われているんですよ。

【台湾】美味しすぎる「酒釀かき氷」が食べられる赤峰街の「心地日常」
店内に入ると、ずらっと雑貨たちが並びます。ここではオーナーが厳選した商品が並びます。使い勝手のいい小物や、身体にいい食品や調味料など、選び抜かれた雑貨はどれもセンスが光ります。

【台湾】美味しすぎる「酒釀かき氷」が食べられる赤峰街の「心地日常」
お店では白いワンちゃんがお出迎え。オーナーの飼い犬でしょうか? とても大人しくて、お店のスタッフのあとをずっとついていくような、いい子ちゃんでした。

【台湾】美味しすぎる「酒釀かき氷」が食べられる赤峰街の「心地日常」
筆者が最初に目が行ったのは、この可愛い缶に入った台湾茶のブランド「琅茶」。シンプルな缶に入ったマークは狼。お土産にあげても喜ばれそうですし、自分用にも買って帰りたいくらいです!

【台湾】美味しすぎる「酒釀かき氷」が食べられる赤峰街の「心地日常」
陶器で作られたようなピンバッチも手作り感満載で、ほっこりした雰囲気で可愛い! シンプルなワンピースやシャツにつけたら、ワンポイントになって良さそうですね。ニット帽につけてもいいかも。

【台湾】美味しすぎる「酒釀かき氷」が食べられる赤峰街の「心地日常」
こんな猫ちゃんのバッジも。どれも個性溢れる猫たちでどれを買うか迷っちゃいそうです。猫好きの方にお勧めしたい。

【台湾】美味しすぎる「酒釀かき氷」が食べられる赤峰街の「心地日常」
植物が描かれた可愛い箱に入っているのは、石鹸。ちょっとリアルだけど、シンプルに描かれた植物がいいですね。石鹸はナチュラルな香りでクセがなく使いやすそう。

【台湾】美味しすぎる「酒釀かき氷」が食べられる赤峰街の「心地日常」
こちらは、食品と調味料。ナッツや塩など、身体にいいものばかりを選んでいるようです。気になるものがいっぱいありました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。