ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秩父エリア舞台のラブロマンス 西武鉄道オリジナルアニメ制作決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
秩父エリア舞台のラブロマンス 西武鉄道オリジナルアニメ制作決定

 アニメ製作プロダクションの株式会社トムス・エンタテインメントが、西武鉄道や秩父エリアの魅力を発信するオリジナルアニメーション20分全1話を制作すると発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 本作は、西武鉄道オリジナルアニメーションとして制作され、2018年3月より西武鉄道Webサイトにて公開予定。全席レストラン車両の『西武 旅するレストラン「52席の至福」』や秩父エリアの観光地「長瀞」、「秩父神社」、「羊山公園の芝桜」などを舞台に繰り広げられるラブロマンス作品となっています。

 日本のアニメをきっかけに西武鉄道、秩父エリアの魅力を世界へ知ってもらいたいとの思いから制作が決定しており、英語・フランス語・中国語(繁体字)などの多言語字幕を作成し、世界中へ向け発信されます。

 2017年11月19日(日)に開催された『ちちぶ映画祭2017』にて制作発表が行われました。発表会では、同アニメーションの脚本を担当する岸本卓(『ハイキュー!!』『僕だけがいない街』シリーズ構成・脚本)、監督の菅原静貴(『ディーふらぐ!』『境界のRINNE』監督)が登壇し、プロモーションムービーが初公開されています。

【オリジナルアニメーション概要】
<あらすじ>
見合いをすることになった薫子。しかし、彼女には忘れられない人がいた。幼い頃、秩父で出会った名前も知らない少年…。一緒に歩いた秩父神社、羊山公園の芝桜、長瀞の渓流、三峯神社から見た雲海は、かけがえのない思い出となり、今も薫子の胸を焦がしていた。
「秩父に行けば、また会えるかもしれない…」
淡い期待と遠い日の思い出が、彼女を秩父へと走らせる。

<タイトル>
後日発表

<スタッフ>
監督:菅原静貴(『ディーふらぐ!』『境界のRINNE』)
脚本:岸本卓(『ハイキュー!!』『僕だけがいない街』)
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
アニメーション本編映像:約20分 全1話予定
放映期間:2018年3月予定
放映媒体:西武鉄道Webサイト

関連記事リンク(外部サイト)

ちびっこ大好きな「ミニオン」描いたミニオンケーキでるよー!
急性大動脈解離により声優の鶴ひろみさん死去、悲しみの声が世界中に溢れる その大動脈解離とは
アッフォオオオ───ン!コップのフチにジョジョの奇妙な冒険「イギー」降臨!

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。