ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

蕎麦店で味わえるさっぱりとした「中華そば」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

11月17日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、荻窪駅から徒歩5分で行けるオススメスポットを特集した中で、「春木家本店」(東京都杉並区)が紹介された。

同店は昭和6年創業の老舗蕎麦屋。「せいろ」(600円)など国産蕎麦粉と粗挽きにこだわった濃厚で香り高い十割蕎麦が味わえる他、ラーメンも提供している。ご主人の話によると、創業当初はそばのみを出していたが、昭和9年からラーメンをメニューに追加したことで評判となったそうだ。

お店に訪れた渡辺正行さんは「中華そば」(850円)を頂く事に。ラーメンのスープは初代が蕎麦のつゆをベースに考案したものだそうで、豚のガラ、にぼし、サバ節など、昔から変わらない素材をじっくり煮込んでいる。渡辺さんはスープを一口飲むと「美味しい!なんか上品なさっぱりなね…」とコメントし、完食すると「ほっとする、春木家のラーメン、ここにあり」と俳句を詠んでいた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:春木家本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:荻窪のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:荻窪×ラーメン・つけ麺のお店一覧
地元の人に愛される食堂の醤油ラーメン
奥久慈しゃもの玉子を使ったオムライス

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。