体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ネット婚活】【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 8】「母を見よ!」というアドバイスの効用

【ネット婚活】【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 8】「母を見よ!」というアドバイスの効用【ネット婚活】【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 8】「母を見よ!」というアドバイスの効用【ネット婚活】【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 8】「母を見よ!」というアドバイスの効用

母親と結婚するわけではないが…

どのタイミングで実行するのかは難しい問題だが、一般に通じるアドバイスとして、結婚するかも知れない相手の母親を、できれば結婚を決める前に一度見ておくことをお勧めする。

そうは言っても、結婚は相手の母親とするものではない。これは、重要な大原則だ。しかし、例えば、精神的に母親に対する依存が大きい男性と結婚した場合には、相手の母親とも過剰に親密な距離で付き合わなければならなくなる場合があるし、結婚生活にあって妻に母親代わり的な役割を求める夫もいる。

自分が書く文章に「マザコン」などという陳腐な言葉は使いたくないが、そう呼ぶしかない男性が一定割合存在するのは事実だ。

結婚するかしないかは最終的に自分で決めたらいいが、結婚するにせよしないにせよ、相手の人間性を理解しておくことはいいことだし、その為の圧倒的に有力な情報源として相手の母親を見ることが有益だ。

父親が子供に大きな影響を与える場合が無いとは言わないが、子供は母親と過ごす時間が長いし、その人が長じてからも、実家の生活のあれこれがその後の生活に対する考え方に影響する。相手の母親を見ること、そしてできれば、相手の実家の中を見ることが役に立つ。

そうは言っても、「相手をいいと思う自分の気持ちが大事なので、相手の母親がどんな人でも私には関係ない」と思う恋愛原理主義者は(実は、筆者もその一人だ)、結婚前に相手の母親を見ておくという行動を不純であると思ったり、億劫だと思ったりするのではないか。

その気持ちは分かるのだが、それでも、相手の母親を見ておくことは役に立つと申し上げておく。もちろん、筆者もそうだが、「母親がこうだから、息子(娘)はどうなるのだ」ということを、自信を持って言えるほどの経験のサンプル数を直接的に持っている人などいない。従って、本小論は、世間の複数のケースを眺め、話を聞いた経験と、筆者の推測に基づくものであることをお断りしておく。

女性が夫候補を見る場合

女性が夫候補である男性の母親を見る場合、母親と息子の「距離感」と「立場」をよく見るべきだろう。夫候補である息子が「お袋を大事にしてやってくれ」というくらいの台詞を吐くのは、まあ許容範囲だろう。

しかし、直接そう言わないまでも、「お袋は偉い人なので、人間関係において彼女を尊重し、彼女の教えに耳を傾けるようであって欲しい」と言外に言いたそうな息子は要注意だ。特に、母親に評価されることが息子にとっての張り合いであるような、精神的な立場が母親に対して劣位にある男性は厄介だ。

彼は、将来、自分の母親の世話を妻に強要するようになる以前に、母親の視点と価値観で妻を評価するようになる。即ち、自分の母親に気に入られるような妻が彼に取っての「いい嫁!」なのだ。何と鬱陶しくてツマラナイ男か。

筆者は、率直にいって、妻が夫の母親と同居することや、同居しないまでも物理的に近く一緒の時間が長い濃密な関係で過ごす結婚には反対だ。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20171116133223j:plain

お姑さんが心底いい人で、妻も仕事を続ける上でお姑さんが大いに役に立つといった「美談」が成立して、その後もいい関係が続くような理想的な関係が築ける場合が無いとは言わないが、「嫁と姑」という古来より続く天然の天敵関係が顕在化するケースの方が圧倒的に多い。しかも、この天敵関係が表面化し、問題に夫が気付く頃には、妻は既に相当のストレスと精神的なダメージを受けた後であることが多い。これは、人生の損失である。

1 2 3次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。