体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雨の日の運転で前が見えづらい。それ、ワイパーが原因かも!?

▲今回は雨の日の運転に必須なワイパーについて、その道のプロに話を聞いてきた!

▲今回は雨の日の運転に必須なワイパーについて、その道のプロに話を聞いてきた!

ワイパーは消耗品なので定期的な交換が必要

車に乗っていれば日常的に起こることの中に、疑問には思うが、知らなくてもお店や誰かがやってくれることがある。その中で、知ればナットク! の情報をGetしに、車界のプロの仕事を見学しに行く。今回のテーマは、「ワイパー」だ。

雨の日、ちゃんとワイパーを動かしているにも関わらず、前が見えづらい。そんな経験、一度はないだろうか。見えづらくても「雨のときだけだから」と、ついついそのままにしてしまっている人もいるはずだ。

しかし、視界が悪い状態での運転は事故の原因にもなりかねないので非常にキケン。実は、そんな視界不良の原因はワイパーにある。ワイパーのふき取り部分はゴムなので、徐々に性能が低下していく“消耗品”。だからワイパーのゴムは、定期的に交換する必要があるのだ。

そこで今回は、株式会社ホンダカーズ東京中央 蒲田店のサービスフロント、鳥澤佑治さんにワイパーが劣化する原因や交換するタイミング、また交換にかかる費用や時間について聞いてきた。

▲今回、話を伺ったのは、株式会社ホンダカーズ東京中央 蒲田店のサービスフロント、鳥澤佑治さん

▲今回、話を伺ったのは、株式会社ホンダカーズ東京中央 蒲田店のサービスフロント、鳥澤佑治さん

Q.なぜワイパーを動かしても前が見えづらいのか

鳥澤さん:ワイパーは使用するたびに摩耗していくうえ、時間が経てば、素材であるゴムの硬化や劣化が進みます。また、ガラスについている埃なども一緒にふき取っているので、ゴムにキズがつきます。このように劣化したりキズがついてしまうと、ワイパーのふき取り性能が低下し前が見づらくなります。

ワイパーはゴム製品なので、タイヤと同じように定期的な交換を必要とする消耗品なのです。

▲ゴムが硬化し、ヒビが入ってしまったワイパーは、指で触れるとザラザラしている

▲ゴムが硬化し、ヒビが入ってしまったワイパーは、指で触れるとザラザラしている

Q.いつ交換すればいいか

鳥澤さん:交換の目安としては、新品を装着してから1年から1年半くらいですね。なぜならワイパーのゴムがこのくらいで硬化してしまい、その性能が発揮できなくなる平均的な寿命だからです。

使用頻度が多い場合はもちろん、ガラスが乾いている状態や、霜がついたままの状態でワイパーを動かすような使い方をしてしまうと寿命は短くなります。ですので、ワイパー使用時に少しでも「見えづらいな……」と感じたら、使用期間に関わらずに、ディーラーなどで点検してもらうといいでしょう。

▲ワイパーのゴムは車種によって使用するものが異なる

▲ワイパーのゴムは車種によって使用するものが異なる

▲上が劣化したワイパーゴムで下が新品。見ただけでは判断が難しいので劣化の具合はプロに判断してもらおう

▲上が劣化したワイパーゴムで下が新品。見ただけでは判断が難しいので劣化の具合はプロに判断してもらおう

Q.交換はどこで? 費用と時間はどのくらいかかるのか

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。