ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『Google Home』『Amazon Echo』…話題のAI搭載スマートスピーカー機能・特長を比較

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

この記事のポイントまとめ

・スマートスピーカーとは?
・どんどん進化を続ける先発のAmazon Echo
・巨大なGoogle検索データベースがアドバンテージのGoogle Home
・オーディオとしての完成度とSiriが魅力のHomePod
・コンパクトながら高音質に期待! Harman KardonのInvoke
・LINEとの相性もバッチリのClova WAVE
・ソニーらしい音へのこだわりが魅力のLF-S50G
・AIと一緒に暮らす未来の日常生活

ついにGoogle HomeAmazon Echoが日本上陸、先行していた日本生まれのClova WAVEとともにスマートスピーカーの主役が出揃った。

また、ソニーからはLF-S50G、オーディオメーカーのHarman KardonからはInvokeAllureというスマートスピーカーも2017年12月に、AppleのHomePodも2018年には日本での発売が予定されている(アメリカなどでは2017年12月に発売)。ようやく日本でも本格的なスマートスピーカーの時代がスタートするというわけだ。

スマートスピーカーとは?

スマートスピーカーとは、音声だけで操作できるスピーカーのことで、音楽を聴かせてくれるだけでなく、家電や照明のコントロールや、天気予報やニュースなどの生活情報を伝えてくれるなど、さまざまなアシスタント機能をもつ。いわばスマートホームの小さなコントロールタワーといってもよいだろう。

このスマートスピーカーのアメリカでの売り上げは、2016年には650万台に上り、2017年には2,450万台に達すると予想されている(アメリカのVoiceLab社予測)。まさにアメリカでは「一家に一台、スマートスピーカー」の時代が目前で、日本もまたこれに続くことになりそうだ。

IT巨人たちが続々と参入

世界初のスマートスピーカーで、2014年に世に出てひと足先にアメリカにスマートスピーカー・ブームを巻き起こしたのが「Amazon Echo」だ。円筒形で、てっぺんの円周がLEDで青く光る。このAmazon Echoの成功を見て、続々とIT企業の巨人たちがスマートスピーカーをつくり始めたというわけだ。

Amazon EchoがAlexa(アレクサ)を搭載しているように、それぞれが、各社のデジタル・パーソナル・アシスタントと呼ばれるAIのインターフェースを搭載している。基本的な機能はほぼ一緒で、スマートスピーカーに話しかけると、音楽を再生したり、ニュースを読み上げたり、なんらかのアクションをしてくれる。

なにをしてくれるのか、なにができるのかは、それぞれが搭載するシステムやプログラムによって異なる。また、スマートスピーカーがみんな円筒形なのは、複数のマイクを円形にぐるりと取り付けて、どの方向からの人の声も正確に拾えるようにしているからだ。

では、各社のスマートスピーカーの特長を簡単に説明してみよう。

どんどん進化を続ける先発のAmazon Echo

「Alexa!」

日本で発売されたのは普及タイプの「Echo(エコー)」、スピーカーを小型化した「Echo Dot(エコードット)」、高機能版の「Echo Plus(エコープラス)」の3種。搭載しているデジタル・パーソナル・アシスタントは「Alexa」だ。

このAlexaでは、さまざまな企業(サードパーティー)がEchoを利用するプログラム(スキルと呼ばれる)を開発できるようになっており、たとえばアメリカではピザチェーンがピザの注文を、スターバックスがコーヒーの注文ができるプログラムを提供するなど、Echoを使った数多くのサービスが利用できる。テレビ、ラジオや旅行、銀行、グルメサイトなど、すでにたくさんの日本向けスキルも公開されている。

巨大なGoogle検索データベースがアドバンテージのGoogle Home

「Ok, Google!」

Google陣営から登場したのは「Google Home」とスピーカーを小型化した「Google Home Mini」。搭載するデジタル・パーソナル・アシスタントは「Googleアシスタント」で、話しかけるだけでGoogle検索という巨大なデータベースが使えるのがアドバンテージ。

音楽の再生はもちろん、調べ物やスケジュール管理、家電の操作などが行える。別売りのChromecast(クロームキャスト)をテレビに接続すれば、Google Homeからテレビをコントロール、映画やYouTubeを楽しむことができる。Alexaのスキルにあたるプログラムが「アプレット」と呼ばれるもので、こちらもサードパーティーが自由に開発できる。日本でもグルメサイトやラジオ、物件探しアプリなど、Google Homeの機能を拡張するさまざまなアプレットがどんどん登場している。

こちらの記事もあわせてどうぞ
『Google Home』やスマートホームで実現するかもしれない「ちょっと先の未来」とは?

オーディオとしての完成度とSiriが魅力のHomePod

「Hey, Siri!」

Appleからは「HomePod」。搭載されるデジタル・パーソナル・アシスタントはおなじみ「Siri」だ。4,000万曲以上を揃えるApple Music®️ライブラリへのアクセスのほか、メッセージの送信、ニュースや天気の検索、家電や照明の操作が音声で行える。

巨大な低音用スピーカー(ウーファー)と7つの高音用スピーカー(ツイーター)を搭載しており、他社製品を圧倒する高品質サウンド。HomePodが置かれた部屋の音響特性を認識し、その部屋に適したサウンドを自動的に調整してくれるほか、高度なエコーキャンセレーションにより、大音量の音楽が流れていてもユーザーが離れていても、Siriが音声を理解できるとしている。日本での発売は2018年を予定。

コンパクトながら高音質に期待! Harman KardonのInvoke

「Hey, Cortana!」


写真:Harman Kardon

Invoke」は有名オーディオメーカーのHarman Kardon(ハーマン・カードン)らしく、ウーファーとツイーターをそれぞれ3つ搭載、360°どこからでも高音質で音楽を楽しめるスマートスピーカーだ。搭載するデジタル・パーソナル・アシスタントはMicrosoftの「Cortana(コルタナ)」。音楽の再生はもちろん、Office 365の情報への接続、ニュースや交通情報などの読み上げや、予定、リマインドの確認等に音声で対応する。

スカイプを標準で搭載するので、スカイプ同士でのハンズフリー通信ができるのは強みといえそうだ。日本発売の時期は未定。なお、同じHarman Kardonの「Allure(アルーア)」はAlexaを搭載したスマートスピーカーで、こちらは日本で2017年12月発売予定(年内に招待制での販売を開始)だ。

LINEとの相性もバッチリのClova WAVE

「Clova!」

日本で発売中の「Clova WAVE」(クローバ ウェイブ)。搭載しているデジタル・パーソナル・アシスタントは「Clova」で、LINEが開発したAIアシスタントに、韓国の検索ポータルNAVERの技術やコンテンツを活用している。

音声操作での照明・テレビのオン/オフ、占いやニュースの読み上げ、LINEの通知やメッセージの読み上げ、送信などに応じる。LINEとの相性がよいのは日本人にとっては魅力的だろう。音楽は4,000万曲以上の音楽再生ができるLINE MUSICと連携している。

ソニーらしい音へのこだわりが魅力のLF-S50G

「Ok, Google!」

ソニーから発売される「LF-S50G」は、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカーなので機能的にはGoogle Homeと同等。とはいえ、ソニーらしい、対向配置2ウェイスピーカーシステムや2ステージディフューザーといった高音質を実現するいろいろな技術が使われており、音楽好きにオススメだ。

音楽再生や音量操作などを触れずにジェスチャーで操作できるほか、防滴仕様(JIS IPX3相当)のため、キッチンでの利用に便利。また時計が常時表示されているので「Ok, Google!」と話しかけなくても時刻がわかるのは嬉しい。

以下の表は、主なスマートスピーカーを項目別に整理したものだ。

AIと一緒に暮らす未来の日常生活

さて、このスマートスピーカー、今後、どんなふうに進化していくのだろうか。AIのインターフェースとしてミニスピーカーを選んだのは、家庭内のどこに置いてもインテリアとしてフィットしつつ、AIの耳と口の役目を最大限にこなすことができるからだろう。インターフェースとしての側面だけに注目すれば、Google Home Miniのようにスピーカー部を極端に小さくしても機能は変わらないのだ。

この点、LINEのClovaは大胆な戦略を発表している。AIの耳と口の役目だけでなく、今後は、目や鼻や手の役目も果たせるように進化させ、さまざまなデバイスに搭載するというのだ。目は画像認識であり、鼻は匂いなどの検知であり、手はロボットの手だ。つまり、ClovaというAIが、スピーカーだけでなく、カメラだったり、テレビだったり、ロボットだったり、あるいは冷蔵庫だったり、クルマだったりと、さまざまなものに姿を変えて日常生活のいたるところに入り込み、わたしたちはAIとともに暮らすことになるという未来図を描いているのだ。

AIとの共生という未来が、まずはスピーカーから始まったといえるだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

本当に便利? 結局なにができる? 『Google Home』を1週間使ってみてわかったこと
『Google Home』やスマートホームで実現するかもしれない「ちょっと先の未来」とは?
スマートスピーカー『Google Home』ファミリーが日本上陸 Mini、Maxとの違いも解説

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。