ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

5千円以下でエアーバンドも受信するBCLラジオ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
5千円以下でエアーバンドも受信するBCLラジオ

2014年10月に、ELPAのブランドで朝日電器から発売されたBCLラジオが「ER-C57WR」です。同社のAM/FMラジオ「ER-C56F」とボディを共用していますが、最上位機種になります。日本のメーカーが販売する中華ラジオは、エアーバンドも聞ける広帯域性能ながら、5千円以下で購入可能です。

BCLラジオなのにエアーバンド受信

ER-C57WRは手の平サイズでありながら、長波帯~短波帯・FMラジオ放送帯というラジオ放送の周波数帯に加え、118~137MHzをAMモードでカバー。VHF帯エアーバンドが受信できる広帯域性能を備えています。

BCLラジオなのにVHF帯エアーバンドの受信ができのは異色。「AIR」の文字がディスプレイに表示されます。そのため、開放を含めた10段階のスケルチ調整機能を搭載。それでいて実勢価格は4,780円ですから、ある意味、衝撃的なBCLラジオです。

BCLラジオらしい機能の1つ、AMモードの選択度の切り換えが可能。ワイドとナローの2段階ですが、聞きやすさが変わるので効果は十分です。

このBCLラジオは日本のメーカーが販売していますが、中身は中国製のDSPラジオ(エアーバンド回路はPLL方式)。スペックから探っていくと、REDSUN社のOEM機種であることが分かりました。

BCLラジオの入門モデルとして最適

このBCLラジオは各国でOEM販売されており、アメリカでは「CC Skywave」という名称、オーストラリアでは「AR-1733」の型番です、なお、地域によって周波数帯などは多少異なっています。

安価な小型ラジオですが、強力な電波で送信されているアジアからの短波放送であれば、しっかりと受信できます。さすがに音質や感度などは、上位機種には1歩も2歩も及びませんが、海外短波放送のBCLラジオの入門モデルとして最適です。取扱説明書も日本語なので、その点も安心して使えます。

このBCLラジオの電源は単3形乾電池×2本、DC4.5V外部電源。サイズ/重さは128W×78H×32Dmm/178gです。ディスプレイのサイズは45W×18Hmm。ロッドアンテナの全長は494mm(6段)となっています。(文/星浩二)

関連記事リンク(外部サイト)

ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。