ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ディズニー・プリンスを主人公とする映画、スティーヴン・チョボスキーによる脚本で進行中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


映画『ワンダー』の脚本家兼監督のスティーヴン・チョボスキーが、米ディズニーによるプリンス・チャーミング(おとぎ話におけるプリンセスの窮地を救う王子を指す)の伝承を再話化する実写版映画『Charming(原題)』で脚本家として契約を交わした。チョボスキーは監督を務める可能性もある。

デヴィッド・ホバーマン、『ワンダー』でプロデュースを手掛けたマンデヴィル・フィルムズ/テレビのトッド・リーバーマンが、同作でチョボスキーと再びチームを組む。ホバーマンとリーバーマンが、トリップ・ヴィンソンと共にプロデュースを手掛ける。

マシュー・フォーゲルが、同プロジェクトの脚本ドラフトを執筆した。脚本は、おとぎ話の中では全くその苗字が挙がることはなかったプリンス・チャーミングの兄弟の視点から書かれた。

チョボスキーは、1999年に出版されたヤング・アダルト小説『ウォールフラワー』を執筆し、2012年に公開されたローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー主演の同名映画で脚本と監督を手掛けた。また、2005年公開の映画『RENT / レント』の脚本を執筆し、マンデヴィルがプロデュースした米ディズニーによる大ヒット実写版映画『美女と野獣』の脚本も手掛けた。

ライオンズゲートは、11月16日に『ワンダー』を米劇場公開した。同作は、R・J・パラシオの同名小説を映画化したもので、小学5年生の顔に障害を持つ少年を描く物語だ。同作は、ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン、ジェイコブ・トレンブレイが主演する。

『Charming(原題)』は、映画『マレフィセント』、映画『シンデレラ』、『美女と野獣』のようなおとぎ話を実写映画化する米ディズニーの戦略の一環だ。

チョボスキーは、WME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)、ハンセン・ヤコブセンと代理人契約を結んでいる。

Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。