ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フレデリック、歌詞の内容にフォーカスした「たりないeye」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フレデリックの「たりないeye」のミュージックビデオがA-SketchのYouTube公式チャンネルにて公開された。「たりないeye」はミニアルバム『TOGENKYO』に収録されている楽曲で、ミニアルバムから先行して公開されている「かなしいうれしい」のミュージックビデオは500万再生を超えており、続いて公開された「TOGENKYO」も100万再生超え、とどちらも話題の作品となっている。
フレデリック (okmusic UP's)

「たりないeye」はループするベースラインが主軸のミディアムチューンで、今、メンバーが一番伝えたいメッセージが込められている。タイトルを決めるにあたり、ボーカル・ギターの三原健司が「ライヴやってる最中に自分達が目の前にいるお客さんを見る目と、お客さんが自分達を見る目が、ちゃんと同じ方向を向いてるなっていう感覚が最近凄くあるので、その素晴らしさみたいなものも強く込めたいなと思った。さらに、まだまだこれから一緒に見たい景色もいっぱいあるんだっていう願いとか意志を込めました」と話していたが、まさに今回のツアーでも「TOGENKYO」と同じく大事なポイントを担っており、バンドにとって重要な楽曲となっている。なので今回のミュージックビデオは、特に歌詞の内容にフォーカスさせたいという強い意志のもと、メンバーはシルエットのみでほとんど出演せず、全編に歌詞が映画の字幕のように表示されている。フレデリックのミュージックビデオでは恒例となった謎の美少女が出てくるという共通点はあるものの、過去の作品とは全く違ったテイストのに仕上がっている。

また、今回のワンマンツアーもチケットが完売したため追加公演として新木場スタジオコースト2DAYSが発表されたばかりだが、さらなるリリリピート公演として、台湾単独公演も追加で発表となった。フレデリックが台湾で単独公演を行うのは、2016年の『フレデリズムツアー2016~2017 海外公演』以来、2回目の公演となる。
【林響太郎監督 コメント】

「シンプルに「たりない」ということをどう見せるか。というところをテーマに二人の女性の関係を描きました。切なくも儚い二人のふわついた関係が崩れたあとの想いを捨てきれない女性の視点で描いた映像です。性別関係なく、友情や、恋愛などでもありうる空虚な瞬間を二人には想い思われる人をそれぞれに演じてもらいました。
今までのフレデリックと良い意味で違う別次元のミュージックビデオになるようにと思い、儚くて美しい映像を目標に作らせていただきました」
「たりないeye」MV

https://youtu.be/0m2mfFhUg8w【ライブ情報】
『フレデリズムツアー2017 ~ぼくらのTOGENKYO~』

11月19日(日) 札幌FACTORY HALL

11月25日(土) 金沢EIGHT HALL

11月26日(日) 松本ALECX

12月02日(土) 福岡DRUM LOGOS

12月03日(日) 広島CLUB QUATTRO

12月08日(金) 仙台RENSA

12月09日(土) 新潟NEXS NIIGATA

12月16日(土) 大阪Zepp Osaka Bayside

12月17日(日) 名古屋Zepp Nagoya

12月21日(木) 東京Zepp Tokyo

『フレデリズムツアー リリリピート公演~みんなのTOGENKYO~』

1月13日(土) 新木場STUDIO COAST

1月14日(日) 新木場STUDIO COAST

『フレデリズムツアー~ぼくらのTOGENKYO~ 台湾公演』

2月04日(日) 台湾台北市 THE WALL 台北

『FREDERHYTHM ARENA 2018 ~KOKYOのTOGENKYO~』

4月30日(月・祝) 神戸 ワールド記念ホール
ミニアルバム『TOGENKYO』
発売中

【初回限定盤】(CD+DVD)

AZZS-69/¥2,700+税

<収録曲>

■CD

1.TOGENKYO

2.スローリーダンス

3.かなしいうれしい

4.たりないeye

5.ミッドナイトグライダー

6.パラレルロール

7.RAINY CHINA GIRL

■DVD『アコースティックスタジオライブ「FAB!!~Frederic Acoustic Band~」』

1.ナイトステップ

2.オワラセナイト

3.トウメイニンゲン

4.かなしいうれしい

5.USO

6.KITAKU BEATS

7.たりないeye

【通常盤】(CD)

AZCS-1067/¥2,200+税

<収録曲>

1.TOGENKYO

2.スローリーダンス

3.かなしいうれしい

4.たりないeye

5.ミッドナイトグライダー

6.パラレルロール

7.RAINY CHINA GIRL
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。