体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iri、初のワンマンライブが大盛況

NIKEのキャンペーンソング「Watashi」で一躍脚光を浴びた新進女性アーティスト・iri。11月22日(水)に新作EP『life ep』のリリースを控える中、11月17日(金)に東京・渋谷WWW Xにて、ワンマンライブ『iri ONE MAN LIVE 2017』を開催した。2016年10月に1stアルバム『Groove it』でメジャーデビューを果たした彼女にとっては、デビュー1周年にして初のワンマンライブで、チケットはソールドアウトとなっていた。
11月17日@Shibuya WWW X  photo by 小林光大 (okmusic UP's)

ドラムとDJをバックに、女性ダンサー2人を引き連れてステージに登場したiriは、浮遊感漂うシンセに社会への疑問や自身の悩みを乗せたレイドバックチューン「無理相反」でライブをスタートさせた。煌めくブギーファンク「breaking dawn」からアーバンR&B「Wandering」、ヒップホップビートのダヴィーなソウルナンバー「Never end」とオントレンドなサウンドの楽曲を立て続けにプレイ。「こんばんは、iriです。今日は短い間だけど最後まで楽しんでいってください」と挨拶すると満員の観客からは歓声と拍手が巻き起こった。

ここで、ハンドマイクでリアルな葛藤や戸惑いをラップしていた彼女がアコースティックギターを手にすると、フロアの熱気は一気に上昇。ネオディスコ「ナイトグルーヴ」で観客の体を心地よく揺らし、再びハンドマイクを手にしたファンキーなダンスポップ「半疑じゃない」で、言葉にならない感情をドロップ。ケンモチヒデフミがトラックを手がけたハウスナンバー「Watashi」でパワフルな歌声を放った彼女は、同じくケンモチによる「for life」を歌い終えたところで、「今のは新曲でした。22日に発売する『life ep』からもう1曲、新曲をやりたいと思います」と語り、ジャパニーズ・ヒップホップの新機軸を打ち出したカリスマラッパーの5lack(スラック)が女性アーティストに初めてプロデュースした「Telephone feat.5lack」を歌いだすと、サプライズゲストとして、5lack(スラック)が登場。「調子どう? 揺れていこうぜ!」とフロアを盛り上げた5lackは、「ちょっとだけお邪魔しちゃいました」と挨拶しながらiriを指差し、「ヤバイでしょ、この人。これからに期待しちゃうよね。すでに最高だけどね」とコメント。iriが「すごいリスペクトしている方なので、今回、ご一緒できてすごく嬉しいです」と語ると、5lackが「俺も、親父と車に乗ってるときにラジオから“Watashi”が流れてきて。この子、よくない?なんか一緒にやりたいなっていう話をしていたら、ネットでフィーチャリングしたい人にあげてくれてて。実際、スピーディーに実現した」と続け、相思相愛のコラボだったことを明かした。

さらに、オルタナティヴR&BをベースにしたOLへの応援歌「fancy city」、yahyelによるアンビエントなビートミュージック「your answer」と、クールな最新のクラブミュージックとエモーショナルなヴォーカルやラップ、等身大の歌詞が共存したオリジナリティ溢れる楽曲で観客を楽しませ、マルチクリエイターでビートメイカーのmabanuaによる新曲「会いたいわ」では、アコギを弾きながらソウルやヒップホップ、レゲエなど幅広いルーツに根ざした温かい歌声を響かせ、小気味いいビートのトラップ「fruits」から、彼女のデビューのきっかけになった「rhythm」で、「私は私のリズムで生きていくんだ」という決意をアカペラで力強く表明し、「みんなこれからもiriをよろしくね」と笑顔で語り、ステージを後にした。

アンコールでは、好きな人に気に入られるために頑張る自分が、まるで踊らされてるようでバカみたいだと笑うチルウェイヴ「ファイバリット女子」をアコギとドラムの演奏でパフォーマンスし、最後は、彼女が幼い時に亡くなってしまった兄への思いを込めた「brother」を弾き語りで歌って、キャリア初のワンマンライブを締めくくった。

なお、iriは11月22日に、5lackやケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)、mabanua(Oval)らがトラックメイカーとして参加した5曲入りのEP『life ep』をリリースする。また、この日のMCで、2018年3月に東京・恵比寿リキッドルームでのワンマンライブの開催が決定したことも発表された。このライブを含む1stツアーの詳細はオフィシャルホームページを参照とのこと。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。