ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東北大、二次元シートTMDを使った透明で曲がる太陽電池を開発

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東北大学大学院工学研究科電子工学専攻の研究チームが、透明で曲がる太陽電池を開発した。

・二次元シート材料を使った透明フレキシブル太陽電池

研究チームは、原子オーダーの厚みをもつ二次元シート材料を使った透明フレキシブル太陽電池の開発に成功。透明フレキシブルな太陽電池が実現できると、携帯電話のディスプレイや車のフロントガラスなどだけでなく、人体の皮膚等まで、あらゆる場所に太陽電池を設置することができるようになり、大きな技術革新が期待されていた。今回の開発によって、太陽電池の可能性が大きく広がったことになるという。

・透明な二次元シートを使った太陽電池では世界最高の発電効率を達成

研究では従来広く用いられているデバイス構造とは異なり、電極との仕事関数差により決定されるショットキー構造を利用したショットキー型太陽電池に着目。透明な二次元シートを使った太陽電池では世界最高の発電効率を達成。さらに、電極の形状と種類を最適化するだけのシンプルな構造のため、太陽電池の実用化に向け大きな課題であった大面積化に関して大きな貢献が期待されている。

英国科学雑誌Scientific Reportsにも掲載され、海外からも注目が集まっている模様。さらなる研究に期待が高まっている。

東北大学

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。