ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【動画】J・J・エイブラムス監督、子供時代に描いたヒーロー漫画を超豪華キャストで映画化してプレゼント

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


11月13日(現地時間)に放送されたABCの人気トーク・ライブ番組『ジミー・キンメル・ライブ!』で、J・J・エイブラムス監督はジミー・キンメルの50歳の誕生日を祝うために特別なプレゼントを贈った。

プレゼントは、キンメルが10歳の時に描いた漫画を基にした、スーパーヒーロー映画『The Terrific Ten』の約7分間のトレーラー。エイブラムスは、キンメルが考えたカラー・キッド、マッスル・マン、ラッキー・ラッド、スーパー・ダッグ(ニワトリの衣装を着たガリフィナーキスは「クァッケンを解き放て!」と叫ぶ)などのスーパーヒーローを描くため、超豪華メンバーに声をかけた。

呼びかけに応じたのは、ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン、タイ・バーレル、シャキール・オニール、ウィル・アーネット、ワンダ・サイクス、ビリー・クラダップ、ザック・ガリフィナーキス、ジョン・ハム、ジェイソン・ベイトマン、マット・デイモン。

マット・デイモンは悪役スターのドクター・ボルトを演じ、ワンダ・サイクスは同じくザ・ブリーチ・マスターを演じた。彼女の浮遊する頭は漂白剤の箱の中だ。

トレーラーを上映する前に、エイブラムスは「この作品が蘇るのは必然だった」と語り、「セリフは変えなかったよ」と続けた。エイブラムスがオリジナル漫画のページを見せると、キンメルは幼い頃に作った創造物に思いをはせた。エイブラムスは、この作品に2億5000万ドルかかったと述べた。

トレーラーは以下。

トレーラーの放送後、大勢のスターがキンメルに対する意地悪なツイートを読んだ。これは、普段番組で行われている「Mean Tweets(意地悪なツイート)」コーナーをもじったものだ。

Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。