ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

濱田マサルが指南!男性ウケする「もてメイク」は…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

濱田マサルが指南!男性ウケする「もてメイク」は…
J-WAVEで放送中の「ALL GOOD FRIDAY」。11月17日(金)もナビゲーターの一人、稲葉友が舞台出演のため、代役のMEGURUと、LiLiCoの二人でお送りしました。そして「TOKYO SAVVY」コーナーでお届けしたのは、ゲストに濱田マサルさんをお迎えした「もてメイク討論会」!

まずは「もてメイク」について、「相手をどこに定めるかや、時間帯によっても違うと思いますけど、全体的にモテる人は、昼はヘルシーでほどよく。夜だと肌の露出とか巻き毛感とか。コントラストのある女性に男性は惹かれると思うんです」と濱田さん。その上で…

濱田:一般的に男性は、ごってり“メイクが歩いている”みたいな人は苦手だと思います。赤いリップも、僕はオシャレで好きなんですけど、男性ウケがいいかというと…。男性は嫌いな訳じゃなくて、緊張してしまうのだと思うんです。「こんなオシャレでキメている人と釣り合わないかも」とか。基本的に日本の男性は自信のない人が多いので、ほどほどがいいかもしれないですよね。
LiLiCo:やっぱピンク系がモテちゃうのかな?
濱田:そうですね。それも青みないピンクが。LiLiCoさんは今日、青みのあるピンクですけど(笑)、日本人の肌だと黄み系の肌なので、ピンクだとちょっとくすんで見えたり、浮いちゃったりするんですよ。ピンクとか赤でも、若干黄みのある朱赤系とかコーラルピンクとか…少し黄みが入ってるピンクの方がちょっと優しくて自然に見えるんです。
LiLiCo:メーカーもいろいろありますけど、「何の色ですか?」って聞きたくなるほど、色名がよく分からないものもあるよね。それはプロに聞いた方がいいんですか?
濱田:自分の腕の内側につけて浮かない色、パッと見た時、自然に馴染む色がいいと思います。
LiLiCo:それって自分でわかるものですか?
濱田:そこはインスピレーションが絶対いいですね。自分の感覚を信じれば、きっと色が味方してくれると思います。

さらに濱田さんは「似合う似合わないよりも、“笑顔でいられるメイク”が大事。男性はハッピー感があって、ヘルシーな女性が好きなので、自分がハッピーになるようなメイクをすること。そしてメイクが主張しすぎないこと」と2つポイントを挙げてくれました。

オンエアでは3人の熱いトークが続きましたが、最後は「もてるメイクはもう画一化できない。それぞれのキャラクターにあったメイクがあるので、完璧を求めないことが大事。ちょっと物足りないくらいのメイクを心がける方がいい」という濱田さんのさすがのアドバイスで話がまとまりました。

番組に個別の悩みなども受け付けているので、メッセージをぜひ送ってください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「ALL GOOD FRIDAY」

放送日時:毎週金曜 11時30分−16時

オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。