体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ストレスフリー掃除術】洗面台をパパッときれいにする方法

【ストレスフリー掃除術】洗面台をパパッときれいにする方法

洗面台は水垢や石鹸カス等の汚れが溜まりやすい場所。でも毎日使うからこそ、掃除の行き届いた清潔な洗面台にしておきたいですよね。洗面台は実はクエン酸と重曹などがあれば簡単に掃除ができちゃいますよ! 場所ごとに掃除方法をご紹介します。

目次

洗面台の汚れの種類とその原因

【場所別】洗面台の掃除方法

きれいな洗面台をキープする方法

洗面台の汚れの種類とその原因

洗面台周りには、さまざまな汚れが発生します。
代表的な汚れの種類と、それぞれの原因をご紹介しましょう。

水垢、カルキ汚れ

水に含まれるミネラル分が結晶化して付着したもので、ピンク色の汚れや、白いウロコ状の汚れとなることがあります。

石鹸カス、手垢

ハンドソープなどの石鹸類の成分や、人の脂肪分が元になった汚れです。
主に白っぽい汚れとなります。

カビ、黒ずみ

洗面所は水を使う場であるため湿度が高く、カビが発生しやすい場所です。このカビや、衣類から落ちたホコリなどが黒い汚れとなって付着してしまうのが黒ずみの原因です。

 

【場所別】洗面台の掃除方法

洗面台の場所やパーツ別の、掃除方法をご紹介します。

 

洗面所の掃除で注意すること

洗面所には、ガラスやプラスチックなど、さまざまな素材が使われています。
傷つきやすい素材もあるため、無理に汚れをゴシゴシとこすり落とそうとすると、傷だらけになってしまうことも……。
事前に洗面台の取扱説明書を確認し、そのパーツに合わせて掃除しましょう。

 

【洗面台の掃除方法1】鏡

© PIXTA

洗面台にある鏡には、水垢が原因となるウロコ状の汚れがよく見られます。
これはアルカリ性の汚れですので、酸性のクエン酸や酢を使うと落ちやすくなりますよ。

【用意するもの】

クエン酸・・・小さじ1(酢の場合は水と同量)

水・・・200ml

スプレーボトル

ラップ

ふきん
【手順】

スプレーボトルにクエン酸(または酢)と水を入れ、よく混ぜて溶かします。

洗面台の鏡にスプレーをふきつけ、上からラップをかぶせましょう。

軽い汚れなら30分、ガンコな汚れの場合は半日~1晩放置。

はがしたラップで鏡の汚れをこすり落とします。

水でよく洗い流し、仕上げに乾いたふきんで乾拭きして掃除完了です。
素材に注意
洗面台の素材に大理石を使っている場合は、クエン酸や酢がかからないようにしてください。傷めてしまう可能性があります。
また、鏡の留め具などに鉄の素材が使われている場合は、サビの原因にもなるのでクエン酸や酢を使用しないようにしましょう。

 

【洗面台の掃除方法2】洗面ボウル

© PIXTA

洗面ボウルには、重曹を使った掃除法がおすすめ。重曹を使えない素材の洗面ボウルもありますので、事前に説明書等で確認してくださいね。
また、洗面ボウルが陶器製の場合は熱湯をかけるとひび割れてしまう可能性も。特に冬場は陶器が冷え切っていますので、その危険性が高まります。
掃除の際は、熱湯を使わないように注意してください。

【用意するもの】

重曹・・・適量

ふきん、またはスポンジ

乾拭き用のふきん
【手順】

重曹を直接洗面ボウルに振りかけるか、少し水を含ませたふきんやスポンジに振りかけます。

汚れが気になる部分を軽くこすり洗いします。ゴシゴシと強くこすらないよう気を付けましょう。

水できれいに洗い流し、乾いたふきんで乾拭きして掃除完了です。

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。