ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

宅配物のバーコードを読み取ってロックを解除してくれるスマート南京錠「BoxLock Home」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
宅配便の不在届を見て残念な思いをしたことのある人は多いはずだ。なぜか不在の時に限って宅配物が届く。アパートの専用宅配ボックスを利用している人もいるかもしれないが、まだまだ一般的とまでは言いがたい。

そこで、今回紹介したいのが、アメリカの会社が開発した「BoxLock Home」という画期的なスマート南京錠だ。「これは確かに便利!」と、日本への導入を期待したくなるアイテムなのだ。

・宅配物のバーコードを読み取って解錠

このBoxLock Homeは、バーコードリーダーと南京錠がセットになったもの。まず、ユーザーは蓋の閉まる箱を用意し、この南京錠で鍵を閉めておく。宅配物を届けにくるスタッフが、タグについているバーコードをこのBoxLock Homeのバーコードリーダーで読み取ると、鍵が開く仕組みになっているのだ。

鍵が開けられると、アプリをインストールしているスマホ側にも通知が送られるようになっているので、ユーザーは宅配物が無事届いたことが把握できる。アパートでは導入が難しいかもしれないが、一軒家であればこれはかなり便利ではないだろうか。

・バーコードを友人や家族に共有しておくことも

たとえば、自分が旅行でしばらく家を留守にしていることもあるだろう。そういった時は、バーコードをシェアすることも可能だ。そのバーコードは、期限付きで一回しか使えないようになっているので、友人や家族が荷物を受け取り、保管しておいてもらうこともできるだろう。

アプリ上で宅配物のトラッキング機能もついているのも嬉しい。宅配物の一括管理が可能というわけだ。ただ残念ながら、BoxLock Homeはまだアメリカでしか使えない。

シンプルかつ便利なアイテムなので、ぜひ将来的には日本にもやってきてもらいたいものである。

執筆:Doga

BoxLock Home/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。