ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

キャンドルの揺らめきを目もとにオン。冬の夜空に映えるアイシャドウ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

最近思うこと。

かわいい子もきれいな子も、この東京にはいっぱいいるけど、いちばん印象に残るのはあったかい女の子だったりする。

まわりを圧倒する美しさにも憧れるけど、まわりを包み込むような美しさを持ってる人になぜか惹かれる。

キャンドルの光にインスパイアされた、ルナソルの新作コスメ

20171117_lunasol01.jpg

そんなあたたかさをメイクで叶えてくれるのが、2017年11月17日にルナソルからデビューした新コレクション。

インスパイアをうけたのは、澄みわたる空気のなかで揺らめくキャンドルの光。

その名も「Candle Night Collection浄化メイク2017winter」。

キャンドルの光のように、あたたかくやさしい表情に導いてくれるアイテムが勢ぞろい。

澄んだカラーにあたたかに揺れる光感をあわせることで、凛としたなかにもやわらかさを演出します。

異なる質感の2色のアイシャドウは、重ねることで揺らめくキャンドルのような光のニュアンスを実現。

ふわっと発色するニュアンスカラーは、まぶたにやわらかな奥行きを与えてくれます。

そこにシアーな発色のキャンドルライティングカラーを重ねると、濡れたような質感と揺らめくきらめきが。

レンガ風のオレンジはシックであたたかみのあるカラー。まぶたのくすみをカバーするフィルター効果も期待できます。

20171117_lunasol02.jpg

ルナソル ウォームキャンドルアイズ 限定3色 4,320円(税込)

なめらかなテクスチャーと透けるような発色でうるおい感のある唇に仕上げる限定リップバームは、水分量によって色の変わるティントタイプ。シアーな質感なので、鏡なしで気軽にぬれて使いやすい。

女性らしい深みのあるボルドーはクリスマスにもぴったりです。

20171117_lunasol03.jpg

ルナソル オイルリップバーム 限定3色 3,240円(税込)

アイシャドウとリップのほかにも、アイライナー、チーク、ネイルまで、この冬のためのアイテムがずらりとそろいます。

クリスマスシーズンに使えるメイクテクをプロが伝授

20171117_luna1.jpg

ルナソルのメイクアップアーティスト・平尾清香さんによると、この冬はふわっとした「セミフォギー肌」が人気だそう。

「チークは控えめにふわっとのせて、目元と唇のツヤを引き立たせるとほどよい抜け感が出ます」

さらにクリスマスシーズンに知っておきたい、こんなメイクテクニックも教えてくれました。

「アフターシックスにお直しするときには、ファンデーションではなくチークを使うときれい。3色のうち、右のハイライトを筆にとり、目の下、小鼻の脇、そして顔全体にふんわりのせると血色感が戻ってくすみもカバーできます」

質感の異なる3色をミックスすることで、自然な血色感と立体感を演出する3色セットのチーク。

20171117_lunasol05.jpg

ルナソル カラーリングソフトチークス 全2種類 2,700円(税込)

「クリスマスのディナーなどで行くお店ではダウンライトが多いと思うのですが、ダウンライトのもとではメタリックなアイライナーがとても映えます。目尻に引くだけで表情が引き締まって魅力的に」

目もとを引き締めるディープカラーとシアーな発色のシャインカラーが1本になったカラーライナー。

20171117_lunasol04.jpg

ルナソル ディープ & シャインライナー 限定3種 3,024円(税込)

あったかくて、輝いていて、見ているだけで癒される。

キャンドルの光をメイクアップのなかに閉じ込めたようなルナソルのコスメでメイクしたら、新しい自分に出会えるかも。

あたたかな光に満ちた、浄化メイクで寒い冬を堪能したい。

LUNASOL

文/YURIKO

■ あわせて読みたい

透け感 × マットを叶えてくれた。落ち着いた深みのある赤リップ#17
唇のきわまでスイスイ描ける。クレヨンタイプの赤リップ #16
「アフターケア」がうまい女性は、恋愛も仕事も上手
ジンジャーの香りがふわり。唇を自然に染める赤リップ #15
目で見てわかるほどのシアーな質感。M•A•Cの媚びない赤リップ #14
オフィスメイクにぴったり。日本人の肌に自然となじむ赤リップ #13
うるおいも彩りも欲張れる、美容液みたいな赤リップ #12

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。