ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

急展開のお産に退出のタイミングを逃し、不本意な立ち会いをした夫。産後の夫をみて思うこと by ゆき

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

夫は最初からブレずに立ち合い出産はしない派でした。

f:id:akasuguedi:20171110091715j:plain 関連記事:血が苦手だから無理だなんて言わないで!どうしても立ち会い出産をして欲しかった理由 by まいこ

一方私の方も、上の二人の出産の時には助産師さんや先生に頼り、助けられ、不満の無いお産をしていました。

素人の夫が参加した所で、何が変わるわけじゃないし…。

f:id:akasuguedi:20171110091743j:plain

いよいよ陣痛が来て、病院に到着。

そこで再度先生に立ち合い出産に誘われても夫はブレずに断っていました。

f:id:akasuguedi:20171110091804j:plain

陣痛の間だけは、しっかり隣でサポートすると約束し、陣痛室へ。

f:id:akasuguedi:20171110091821j:plain

三人目ともなると、どの程度の痛みがマックスか分かってきました。

「まだまだこの程度の痛みで産まれるほど、出産は甘くないよ~」

なんてベテランぶっていましたが、

早めに上がった分娩台で急展開を迎えます。

さすがに三人目!

痛みは私にも予想は出来ましたが、スピードまでの予測は全くできず。

余裕綽々だった私はどこへやら、

短時間のうちにガンガン強まる痛み、バンバン開いてゆく子宮口。

無駄口を叩く暇も無くなり、

潰れるほど握っているのが、夫の手だとスッカリ忘れていました。

無心で痛みと戦っている頃、

まさかの他の患者さんの予定外の急変!

f:id:akasuguedi:20171110091916j:plain

突然スタッフが慌ただしく小走りになり、人数が減り…。

f:id:akasuguedi:20171110091936j:plain

「このまま分娩室に居たら、産まれてしまう!」

夫は焦りましたが、忙しそうなスタッフに

「退室したいので扉の開け方を教えてください」

と頼めるほど無神経にもなれず。

そうこうしているうちに、分娩を見学する学生さんたちがぞろぞろと入室。

見学の事を伝え忘れていたため、何も聞かされていなかった夫は状況がよく分からないまま、退出のタイミングを完全に失ったそうです。 前回エピソード:「貸しましょう、my股!」私の最後の出産に、娘の人生の第一歩に…後悔しないよう選んだこと by ゆき

f:id:akasuguedi:20171110092006j:plain

こうなったらもう、覚悟です。

f:id:akasuguedi:20171110092022j:plain

転がるような出産で、陣痛開始から一時間。

あっという間に産まれてしまいました。

最後まで、私が握る手を離すことはありませんでした。

私は、手だと思わず爪を立てて掴んでいたので、きっと折れるほど痛かったでしょうね。

不本意な立ち合い出産をしたわりに、夫の表情はなんとも晴れ晴れしたものでした。

f:id:akasuguedi:20171110092317j:plain

「見てた」から、出産がスムーズだったわけでも、痛みが軽減されたわけでも無かったけれど、産まれた三女を見つめる夫の柔らかい表情を見ていたら、立ち合い出産も良かったなとその時素直に思えました。

夫は今、よく娘に「将来、看護師さんや、助産師さんになると素敵だよ」と言います。

きっと夫なりに、あの日感じる物があったんでしょうね。 よく読まれているゆきさんの他エピソード:妊娠13週で初期の子宮頸がんが発覚。妊娠継続を諦めるべき?家族と私の葛藤 by ゆき

f:id:akasuguedi:20170527143451j:plain

著者:ゆき

年齢:アラフォー

子どもの年齢:13歳・4歳・2歳

福井県の山の中で、ツンデレ三姉妹の母をしています。お洒落にも丁寧にも暮らせない、へっぽこワーキングマザーです。

インスタグラム:u.mamato

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

旦那さんとの二人三脚で出産に臨める立ち会い出産、やって正解でした
ずっと握ってくれていた手が出産を乗り越える力になった!夫と母にありがとう
破水後すぐ旦那に連絡!車で5時間の距離・・・果たして立ち会えるのか?! by チッチママ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。