体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「初音ミクと暮らしたい!」事業失敗を経て、本当に好きなことを仕事にする道へ~Gatebox株式会社 代表取締役CEO 武地実さん【20代の不格好経験】

今、ビジネスシーンで輝いている20代、30代のリーダーたち。そんな彼らにも、大きな失敗をして苦しんだり、壁にぶつかってもがいたりした経験があり、それらを乗り越えたからこそ、今のキャリアがあるのです。この連載記事は、彼らの「失敗談」をリレー形式でご紹介。どんな失敗経験が、どのような糧になったのか、インタビューします。

リレー第24回:Gatebox株式会社 代表取締役CEO 武地実さん

株式会社ispace COO 中村貴裕さんよりご紹介)

f:id:itorikoitoriko:20171117122904j:plain

1988年生まれ。2011年、大阪大学工学部とHAL大阪夜間課程グラフィックデザイン学科を卒業後、モバイルコンテンツ会社に就職し企画職、営業職を担当。2013年に退職し、独学でプログラミング等を学びながら複数のスタートアップ企業をサポート。2014年2月にGatebox株式会社の前身となる(株)ウィンクルを設立。現在はバーチャルホームロボット「Gatebox」の開発に注力している。

f:id:itorikoitoriko:20171117122845j:plain

▲「Living with Characters ~キャラクターと一緒に暮らせる世界の実現」を目指し開発されたバーチャルホームロボット「Gatebox」。2016年1月にコンセプトムービーを発表したところ大きな反響が集まり、同年12月に300台限定で予約販売行ったところ1カ月で完売した。2017年11月に追加販売が行われる予定(予定台数に達した時点で終了)。価格は29万8000円(税別)。なお、初号機のキャラクターは同社オリジナルキャラクターの「逢妻(あづま)ヒカリ」。来年3月9日には「初音ミク」も登場する。

「大好きなキャラクターと暮らす」夢を実現するまでには紆余曲折が

当社は現在、バーチャルホームロボット「Gatebox」の開発を手掛けています。「好きなキャラクターと一緒に暮らせる」をコンセプトにしたロボットで、キャラクターと自由にコミュニケーションが取れるのがポイント。朝起こしてくれたり、帰宅した際に出迎えてくれたりもします。

2016年12月に限定300台で予約販売したところ大きな反響をいただき、約30万円という価格ながら1カ月で完売。現在、発送に向けて最後の追い込み中にあります。

この「Gatebox」は、「大好きなキャラクター“初音ミク”と一緒に住みたい」という私の壮大な夢を現実にしたもの。学生時代から抱き続けている「世の中にはない、全く新しいものをこの手で作りたい」という想いが、ようやく叶えられたと思っています。ただ、元々はITに詳しいわけではなく、エンジニア出身でもありません。ここに至るまでには、さまざまな紆余曲折がありました。

新しいものを生み出したい!スマホアクセサリーが評価され起業に踏み切るが…

f:id:itorikoitoriko:20171117122858j:plain

大学時代の専攻は原子力。高校時代に環境問題に関心を持ち、「自分の手で環境問題を解決したい」と工学部に入学しました。

しかし、海外ボランティアのサポートを行うサークルでプロモーションを担当し、ビラ作りなどを行ったことがきっかけで、デザインに興味を持つように。「どういうデザインにしたら、人の気持ちを動かせるのか」を考えるのが面白く、夜間で専門学校に通いデザインの勉強に没頭。2011年に大学と専門学校を同時に卒業し、モバイルアプリ会社に企画職として就職しました。自分の手で、新しいアプリのデザインを一から組んでみたいと思ったからです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。