ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

TABIPPO編集部のアメリカ横断に対抗!旅するクリエイターKEIが最高の夏を振り返る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
TABIPPO編集部のアメリカ横断に対抗!旅するクリエイターKEIが最高の夏を振り返る

こんにちは!旅するクリエイターのKEIです。世界中で撮った絶景はInstagramにて公開中です!

TABIPPOでは“旅する編集部”がアメリカ横断をしていましたね。「していましたね」とサラッと言いましたが、旅をしながら仕事をする。ましてやアメリカ横断なんて凄いことですよね。

いいなぁ。みんなでワイワイ旅できて…ってちょっと羨ましく思っていた僕は、TABIPPO編集部がアメリカ横断をしている頃、フィジー行きの飛行機に乗って日本の寒さから一転、常夏に逆戻りしていました。

今回は、旅する編集部のアメリカ横断に対抗して、僕の夏を振り返ってみましょう!
 

GoProキャンプ白馬に参戦!

photo by Kazuki Kiyosawa

タイでのタビイクが終わり、おにぎり相談バスキングで生き延び、ふた月ぶりに日本に帰って来た僕は翌日、白馬で行われた「ゴープロキャンプ白馬」へ向かいました。
 
一般ユーザー向けに行われたイベントは今回が初で、多くのゴープロユーザーと、ノウハウを交えながら、カヌーやマウンテンバイクとアクティブスポーツを楽しみました。

photo by Kazuki Kiyosawa

特に白馬の山々をスラロームしながら下るマウンテンバイクはスリル満点で、ゴープロとの相性が良かったです。テントを張ったり、山の山頂にご来光を観に行ったり、BBQをしたり。

夜は「ナイトラプスモード」で星空やスピンスチールを撮る講習会をしたりと、初心者にも大満足の内容でした。
 
今年も、日本の夏は味わえないかな?と思っていたんですが、GoProのお陰で、短くも濃い夏を味わうことができました。このキャンプイベントは、これから毎年行なっていくそうです。

今年の夏は参加できなかった!という方は、是非来年いっしょにキャンプしましょう!
 

一時帰国中に富士山登山!

photo by Kazuki Kiyosawa

この夏、日本にいた期間はたった2週間。「その2週間のうちに何かでっかいことをやってみたい。」そんな単純明快な欲求を達成すべく、僕はTABIPPOインターンのケイスケと一緒に、“日本一でかい山”富士山を登ることに。

「何かでっかいことをしたい」それで富士山に登ってしまうのだから、若さと勢いって大切ですよね。

photo by Kazuki Kiyosawa

23:30頃から登山開始して、山頂に着いたのは5:00時頃。風が強く吹く場面もあったけど、夜空はこんなに美しくて、足取りは軽やかでした。

“価値観”や“贅沢”ってのは、人それぞれ。満天の星空や夕日の暖かさや永遠に続く砂漠を感じることは、僕にとっての最大の至福です。
 
富士山に登ってみて、改めて感じたことは「旅の過程にこそ意味がある」ということ。僕は、世界一周を終えた後、ノートにこんなことをメモしていました。

「結論」に大した意味はなく、僕が大切にしたいのは、むしろ「過程」。大学を卒業することも。世界一周することも。旅を通して学んだこと。

ずっと夢見ていた「世界一周」だったはずなのに、「世界一周」に大した意味はないことに、してみて気付いた。僕は思う。その中にある「旅路」に本当の意味があると。

“自信のない大人たち”は「結果論」を好むけど、成功しようが、失敗しようが、「肩書き」より「中身」。

“ゴール”よりも、「自分が歩いてきた道のり」に意味がある。“本質”ってのは、“中身”にある。

“人の結論”は「死」。“中身”は「人生」。本質はどっちにある?

photo by Kazuki Kiyosawa

そんな感覚を取り戻せた旅でした。小さな一歩一歩が、やがて大きな山を登る。その感覚は、どこか懐かしさを感じました。

最後は富士山麓の温泉に入って、ご飯を食べて、休憩室のソファーでウトウトしてたら、気づけば夜6時。ソファーで7時間以上寝ていました。(笑)

関連記事リンク(外部サイト)

バルセロナ→パリへの1,100kmのヒッチハイクに挑戦!ホームレスにも間違えられた旅路とは
フィリピンに来たら乗ってみて!気分爽快なモーターサイクルバイクの魅力
答えは「旅」だった。「本当は何がしたいの?」と自問自答を続けた日々
たまんねえ!“男心をくすぐる”世界4大スポット

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。