ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アウトドア派に朗報!水上で利用可能なテント「Shoal Tent」が登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

テントといえば陸上に建てるもの。米国のアウトドア企業SmithFlyが、そんな先入観を覆す画期的なテントを開発した。

・水上のためのテント!

今回紹介する新製品「Shoal Tent」は、なんと水上での利用が可能なテント。河であれ池であれ湖であれ、お気に入りの水辺スポットがあれば、そこがあなたのキャンプ地となる。

構造上の特徴としては、ポールを一切使わないという点が挙げられる。空気を中に注入するだけで、水上に浮揚するテントが完成する。もちろん防水仕様で、重さや強風にも耐えられる頑丈な造りになっているという。

広さについても、大人が2~3人は寝転んでも問題ないスペースを確保しており、文字通り「ウォーターベッド」が体験できることになる。

・価格は約17万円

使用しないときはコンパクトサイズに折りたたむことが可能。セット一式には、収納バッグやパッチキット、空気注入ポンプが含まれている。本体の重さは約50ポンド(約22.7kg)と、気軽に持ち運べるほどの軽さではないものの、車やバイクに積めば問題ない重さだろう。価格は1499ドル(約17万円)となっている。

地球の表面の7割は水に覆われている。「Shoal Tent」でキャンプの候補地が格段に増すこと間違いなしだ。(ただし、安全にはくれぐれも気をつけて!)

Shoal Tent

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。