ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

貴重な絶景“ダイアモンド富士”を都内で見られる場所

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

貴重な絶景“ダイアモンド富士”を都内で見られる場所
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「ZOJIRUSHI ECO-MOTION」。毎週木曜日はエコなマインドを感じるイベントをピックアップしています。11月16日(木)のオンエアでは、ダイヤモンド富士の撮影法をレクチャーしてもらえる「展望台deカメラ教室」を紹介しました。

ダイヤモンド富士は、1年間で数日しか見ることができません。太陽が山頂とピッタリと重なった時に、まるでダイヤモンドが輝いているように見えることから、このように名づけられた気象現象です。気象状況が合えば見られるのですが、今年は11月5日(日)から18日(土)が観測日和とされています。

観測を都内で楽しめる場所の一つが、「SKY CIRCUS サンシャイン60展望台」。さらに、18日(土)には貴重なダイヤモンド富士の撮影方法を、フォトマスター検定取得の専門員がレクチャーする「展望台deカメラ教室」が開催されます。

受付は各回10名(先着順)です。興味のある方は、お早めに来場された方がいいかもしれません。16時から16時45分の第1部では、ダイヤモンド富士の撮影方法を、17時30分からの第2部では、夜景の撮影方法のレクチャーがあります。撮影した写真をその場で印刷することもできますよ。

そのほか、11月18日(土)・19日(日)には代々木公園でスペインフェスティバル「フィエスタ・デ・エスパーニャ2017」が、上野恩賜公園ではアートで日本文化を世界に発信すべく、日本を代表する多くのアーティストが参加する「TOKYO数寄フェス2017」が19日(日)まで開催されます。いずれも楽しそうですね。

後半はリスナーの皆さんが実践している、エコな取り組みを紹介しました。「結婚以来、同じ鍋を使っていて、焦げ付いたり、アクがこびり付いた時は、レモンやオレンジの皮でこすると綺麗になります」といったお役立ち情報も寄せられました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。