体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたはカニを何種類知っている?関西近郊・中国のブランドガニ10種

間人(たいざ)ガニ

ついに今年もカニの季節がやってきましたね。ひとえにカニといっても、西日本だけでもいろんなブランドがあるんです。あなたは何種のブランドガ二を知っていますか?漁港や地域がそれぞれのプライドをかけて産地と品質を証明するご当地ガニ。そこで今回は西日本の日本海側に水揚げされる名だたるブランドガ二10種をご紹介いたします。石川から島根まで、漁師さんや漁業関係者が誇りを持って提供する憧れのブランドガ二をこの秋冬の季節に味わってみませんか。

記事配信:じゃらんニュース

1. 間人(たいざ)ガニ

京都府・間人漁港

間人(たいざ)ガニ間人ガニは脚がすらりと長いのが特徴(写真はイメージ)

経ヶ岬(きょうがみさき)沖の好漁場まで片道約1.5時間と近く、品質の良さに加えて鮮度はピカイチ。小型船5隻で漁獲が少ないため、「幻のカニ」と言われる。

2. 越前がに

福井県・越前漁港、三国港、敦賀港など

越前がに黄色いタグ付きの「越前がに」。カニ漁の伝統が長く、越前海岸沖や若狭湾沖に好漁場あり

ブランドガニの先駆け的存在で、メスにもタグを付けるのはここだけ!重さ1.3kg、甲幅14.5cm、爪幅3cm以上のカニは最高級の「極」タグも付く。

3. 加能(かのう)ガニ

石川県・金沢港、輪島港、橋立港など

加能(かのう)ガニ

石川県産の中でも甲幅9cm以上で漁師が品質を認めたものだけに与えられる称号。基本は日帰り漁で水揚げされるので、鮮度は上々。

4. 舞鶴かに

京都府・舞鶴港

舞鶴かに

丹後半島沖合の好漁場で捕獲。緑色タグと、舞鶴かに専用プレートの2枚が付く。脱皮直後の水ガニの水揚げを禁止し、資源保護にも尽力。

5. 津居山(ついやま)かに

兵庫県・津居山港

津居山(ついやま)かに

日帰りの小型船7隻と、シケに強く安定供給できる大型船8隻の2種で操業するのが強み。全船に冷水水槽を備えているのでカニの鮮度は抜群!

6. 柴山がに

兵庫県・柴山港

柴山がに

100ランク以上もの階級にカニを選別する、管理の厳しさが特長。1.4kg以上の中でも最高級ランクには黄金色の「柴山ゴールド」タグが!

7. 香住港(かすみこう)まつばがに

兵庫県・香住港

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。