体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

作業着はここまで進化した!『ベルデクセルオリジナルズ』は普段使いできるデザイン&実用性!

「作業着」が「おしゃれ着」の反対語だったのは昔。近年ではファッション性も取り入れつつ、質実剛健さも強化したアイテムも多くなった。その代表格がワーキングウェアのトップシェアメーカーとして君臨するミドリ安全による「ベルデクセル」シリーズ。今回はその中でデニムの風合いを生かした『ベルデクセルオリジナルズ ジャケット VE563(インディゴ)』を紹介する。

 

見た目はデニムジャケット、しかしその実体は360°全ての腕の動きにフィットしてくる超高機能ワークウェア!

ワーキングウェアのトップシェアメーカーとして君臨するミドリ安全株式会社(渋谷区広尾)が展開する「ベルデクセル」ブランドから登場したベルデクセルオリジナルズ ジャケット』(S~4L・希望小売価格 税抜4,611円・個人購入限定品)。深めのインディゴブルーと洗練されたフォルムは、ワーキングウェアの範疇に収まらない魅力を醸し出している。

WEB限定で購入可能

実際の作業者にとったアンケートでも、半分以上がワークウェアのデザイン性を重視、8割近くが“気に入ったデザインのウェアを着用することでより気分良く働ける”と答えているという。なるほど、デザイン性をアップすることで作業効率も向上するというのは、あながちない話ではないようだ。働き方改革の第一歩は作業服のデザインから始まるのかもしれない。

素材は綿80%/ポリエステル18%/ポリウレタン2%で、ドットボタンとファスナーは金属製

ではジャケットの機能性はどこに表れるのか。体にしっかりフィットするサイズ感も重要だが、やはり肩周りの自由度ではないだろうか。上半身の中で最も大きく動くのは腕であり、ジャケットはその動きを邪魔するようでは、ワークウェアとは言えない。

とにかく腕が動かしやすい!

その点この『ベルデクセルオリジナルズ ジャケット』は、服装機能形態研究に基づいた独自の裁断構造による360°すべての腕の動きに対してストレスのない作業性を実現しているところがポイントが高い。ジャケットを着ると通常は腕の動きは多少なりとも抑制されるものだが、これはフレキシブルにストレッチすることによって、快適な作業が可能だ。

まったく突っ張らない。肩にもマチあり

さらに派手に動き回りたいなら、裾部分のボタンを外してスリット状にできる。もはやアスリート並みのスポーツでも問題ない自由度。これはすごい。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会