ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク傘下企業の人型ロボット「Atlas」がガンダム理論でバック宙!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ソフトバンク傘下企業の人型ロボット「Atlas」がガンダム理論でバック宙!

 ソフトバンク傘下のアメリカ企業、ボストン・ダイナミクスが開発した人型ロボット、「Atlas」がバージョンアップ。驚異的な運動能力を動画で披露しています。なんとバック宙を難なくこなしてる!

 「Atlas」はアメリカ国防総省の機関、DARPA(国防高等計画研究局)の支援を受けて、ロボット開発企業であるボストン・ダイナミクス社が製作した人型ロボットです。身長約150cm、重量約75kgで、主に捜索救出(SAR)用途に使用されることを目標に開発・熟成が進められているもの。動力源はバッテリーで、関節は油圧アクチュエータで駆動しています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 2017年11月16日に公開された動画では、連続して置かれた箱に飛び乗り、さらに次の箱へと飛び移ります。立体視できる2眼映像センサーとレーザーライダーで、次の箱までの距離を正確に把握し、さらにそこへ到達できる適切なパワーでアクチュエータを動かして飛んでいる訳です。さらに着地後、運動エネルギーをアクチュエータで減衰させて停止し、さらに2足姿勢を維持するようバランスをとる……ということを瞬時に行っています。


 さらに今度は、高さの違う箱の上に飛び乗ります。同じ高さの連続なら、固定の数値制御でも不可能ではありません。高さを変えても柔軟に対応できるというのは、飛び乗る高さをリアルタイムで測定し、それに合わせてアクチュエータの出力を調整して動かしている証拠です。

 箱の上に飛び乗ったAtlasは、その場でジャンプしてクルッと180度方向転換。これは腰関節のひねりと腕の反動を利用して、ジャンプの瞬間に回転モーメントを与えています。そして着地後、腕を開いてモーメントを相殺し、バランスを保って静止しています。これはいわゆる『機動戦士ガンダム』の作品世界で、モビルスーツの宇宙空間での姿勢制御理論として設定されているAMBAC(Active Mass Balance Auto Control)そのもの。

 そして少し屈んだかと思うと、バック転!体操で言うところの「後方抱え込み宙返り」です。



 スロー再生を見ると、やはりジャンプの後、脚部を振り子のように大きく降り出して回転モーメントを発生させ、その脚部を縮めたままにすることで回転半径を減らし、スピードアップ。1回転が終わるところで体を伸ばして回転速度を落として着地し、脚部のアクチュエータで着地の衝撃を吸収し、残りの回転モーメントを相殺して静止します。

 これは体操選手の動きそのもの。お手本のような後方宙返りです。おそらく体操選手の体の使い方を、筋肉の動きを含めて徹底的に解析し、フォードバックしたんでしょうね。「人型ロボットを作ることは、人体を知ることにつながる」という話がよく解ります。

 ただ、さすがにこれは今のところ、毎回できるという訳にはいかないようです。動画の最後にある「NG集」では、着地時に回転モーメントを相殺しきれずに後ろへと下がってしまったり、逆に前に飛び出して箱にぶつかり、転んでしまう姿も。この辺りも人間みたいですね。

 ガンダムの理論を使ってバック宙するロボット……これは無重量状態の空間でも使える姿勢制御の方法なので、モビルスーツの時代がまた少し近づいた?

※画像は「What’s new, Atlas?」のスクリーンショットです。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

「霧島は元気やっど!」薩摩剣士隼人が拡散希望 新燃岳噴火以降の観光客減少を伝える
『旅好きが選ぶ!無料観光スポット2017』発表 水洗トイレの歴史が展示される『TOTO ミュージアム』など初ランクイン
大河原邦男のオリジナルロボ描いたタクシー、互助交通が運行

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。