体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク傘下企業の人型ロボット「Atlas」がガンダム理論でバック宙!

ソフトバンク傘下企業の人型ロボット「Atlas」がガンダム理論でバック宙!

 ソフトバンク傘下のアメリカ企業、ボストン・ダイナミクスが開発した人型ロボット、「Atlas」がバージョンアップ。驚異的な運動能力を動画で披露しています。なんとバック宙を難なくこなしてる!

 「Atlas」はアメリカ国防総省の機関、DARPA(国防高等計画研究局)の支援を受けて、ロボット開発企業であるボストン・ダイナミクス社が製作した人型ロボットです。身長約150cm、重量約75kgで、主に捜索救出(SAR)用途に使用されることを目標に開発・熟成が進められているもの。動力源はバッテリーで、関節は油圧アクチュエータで駆動しています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 2017年11月16日に公開された動画では、連続して置かれた箱に飛び乗り、さらに次の箱へと飛び移ります。立体視できる2眼映像センサーとレーザーライダーで、次の箱までの距離を正確に把握し、さらにそこへ到達できる適切なパワーでアクチュエータを動かして飛んでいる訳です。さらに着地後、運動エネルギーをアクチュエータで減衰させて停止し、さらに2足姿勢を維持するようバランスをとる……ということを瞬時に行っています。


 さらに今度は、高さの違う箱の上に飛び乗ります。同じ高さの連続なら、固定の数値制御でも不可能ではありません。高さを変えても柔軟に対応できるというのは、飛び乗る高さをリアルタイムで測定し、それに合わせてアクチュエータの出力を調整して動かしている証拠です。

 箱の上に飛び乗ったAtlasは、その場でジャンプしてクルッと180度方向転換。これは腰関節のひねりと腕の反動を利用して、ジャンプの瞬間に回転モーメントを与えています。そして着地後、腕を開いてモーメントを相殺し、バランスを保って静止しています。これはいわゆる『機動戦士ガンダム』の作品世界で、モビルスーツの宇宙空間での姿勢制御理論として設定されているAMBAC(Active Mass Balance Auto Control)そのもの。

 そして少し屈んだかと思うと、バック転!体操で言うところの「後方抱え込み宙返り」です。


1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会