体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with DECLAN O’DONOVAN about 『Broken Sky』

Declan_O'donovan_2017

カナダはユーコン出身のシンガー・ソングライター、デクラン・オドノヴァン。トム・ウェイツやランディ・ニューマンも引き合いに出されるオドノヴァンだが、2作目となる5年ぶりのニュー・アルバム『ブロークン・スカイ』では、プロデューサーにパトリック・ワトソンなどの作品を手がけるジーン・マシコッテを招聘。ブルースやフォーク、ジャズといったアメリカのルーツ音楽の流れを汲んだ滋味深い歌心はそのままに、アンビエントな奥行きもたたえた音世界を聴かせてくれる。ウィルコやファーザー・ジョン・ミスティにも連なるオルタナ・ルーツ系~モダン・アメリカーナな魅力に満ちた一枚だ。オドノヴァンはこの夏、今作のリリースに併せてフジロックへの出演&単独公演のため来日。ピアノの弾き語り形式で行われた2年前の公演とは一転、バンド・セットによる素晴らしいパフォーマンスを披露したオドノヴァンに話を聞いた。

ーー今回の『ブロークン・スカイ』は5年ぶりのニュー・アルバムになるわけですが、どんな作品になりましたか。

DECLAN「今回は一言でいうならチャレンジだったよね。曲作りにしても、音作りにしても、今回は自分が今までやってきたのとはまた違う感じでってことを意識していたし、その結果、前回よりもぐっとコンテンポラリーな音になってる。スティール・ギターを使ってみたりして、サウンドの幅もだいぶ広がってるよね。歌詞についても、パーソナルな内容からより普遍的な内容へと広がってるし、そういう意味で、今回のアルバムが自分にとってどんな意味を持つのかで言ったら、チャレンジだったよ」

ーーコンテンポラリーな音を意識した理由は?

DECLAN「自分がそういうものに影響を受けてきたからだよ。前回のアルバム(『デクラン・オドノヴァン』、2012年)は正統派というか、それこそブルースにまで遡るようなトラディショナルなスタイルが基本になってるんだけど、自分がもともと影響を受けてる音楽はもっとモダン寄りの、それこそ現代のロックとかオルタナティヴ・ロックが中心だったりするから。たしかに曲作りに関していうなら、正統派でトラディショナルなソングライターからの影響が強いけど、サウンドに関していうなら、モダンでコンテンポラリーなアーティストからの影響のほうが強いから、今回そっち方面をもっと開拓していこうと。それが今回のアルバムの目的の1つだったんだ」

ーーその影響を受けた「モダンでコンテンポラリーなアーティスト」というのは、具体的にどのあたりですか。

DECLAN「今回、カナダのモントリオールで作品を作ってるんだけど、モントリオールには素晴らしい音楽シーンがあって、自分もまさに影響を受けていて。それがパトリック・ワトソンでありバー・ブラザーズであり、今回のアルバムでも共演させてもらってるんだけど、かれらのスタイルにインスパイアされている。トラディショナルなロックを土台にしつつ、アコースティックな音でも十分成り立たせるだけのしっかりした演奏力と音楽性があって、モダンでコンテンポラリーなレコーディング方法だったりシンセサイザーなんかを取り入れたりしているところに共感してるんだ。それから今回フジロックでもすごく楽しみにしてるんだけど、ファーザー・ジョン・ミスティやクイーンズ・オブ・ストーン・エイジとかさ。ハード・ロックだろうがフォークだろうが、かれらの音楽は圧倒的な曲の良さと演奏力に支えられているわけで、そこは自分が大切にしているところでもあり目指しているところでもあるんだよ」

ーーいま名前の挙がったファーザー・ジョン・ミスティはビヨンセの新作に参加していたり、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジはマーク・ロンソンとアルバムを制作したりと、最近はジャンルやフィールドを越えたコラボレートが盛んですよね。そうした動きに刺激を受けたりする部分もありますか。

DECLAN「まさにいま言った、優れたソングライティング力とミュージシャンシップってとこに尽きるよね。それが基本にあれば、どんなジャンルにも応用できる。ファーザー・ジョン・ミスティがビヨンセから作曲依頼があるってことは、それだけ説得力のある曲を書いてるってことの証だし、しかも作品も斬新でライヴ・パフォーマンスも素晴らしいからね。クイーンズがマーク・ロンソンみたいなメインストリームのアーティストを手掛けているプロデューサーとタッグを組んだっていうのも面白いしさ。クイーンズだったら、ロックだろうがポップだろうが、どんなプロデューサーとでもできただろうけど、そこであえてファンキーなサウンドを持ったマーク・ロンソンを起用したっていうのが面白いよね。クイーンズはたしかにハード・ロックなんだけど、ダンス・ミュージックとしても機能してるんだよね。クイーンズのライヴってむちゃくちゃ踊らせるしさ。それができるのは、さっき言ったミュージシャンシップに支えられてるからだよね。ジャンルを問わず、いい曲が書けるかどうかってとこが音楽の作り手としての肝だからね。他人がカバーしようが、バンドで演奏しようが、アコースティック・ギター1本だけで演奏しようが、確実に聴かせられるっていうのがソングライティングの基本だから」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会