体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with Brodka

NeoL_brodka4 | Photography : Chus Anton

ポーランド出身シンガー・ソングライター、ブロトゥカ。TVのオーディション番組からデビューを飾り、母国では数々の音楽賞を獲得するなど国民的ポップ・スターとして称賛を浴びてきた彼女だが、その名前を国外にも広く知らしめるきっかけとなったのは、7年前に発表された3作目『Granda』だろう。そのアルバムで彼女は、モダンなポップ・サウンドと、ルーツであるポーランドの山岳民族音楽とをミックスさせたオリジナルなスタイルを確立。そして、初めて英語詞で歌った世界デビュー作のニュー・アルバム『Clashes』(2016年)では、プロデューサーにグラミー賞受賞歴もあるノア・ジョージソン(ジョアンナ・ニューサム、シャルロット・ゲンズブール、デヴェンドラ・バンハートetc)を迎えて、管弦楽器が彩る壮麗でスピリチュアルなサウンドを披露している。パーカッションやピアノも演奏するマルチ奏者であり、MVの制作も手がけるなど多才な彼女に話を聞いた。

——デビューのきっかけはTVのオーディション番組だったそうですが、当時といまとでは、やられている音楽もヴィジュアルのイメージもまったく異なりますよね。

Brodka「サウンドやヴィジュアルの変化は、私の人生の変化そのものを表していると思う。16歳でこの業界に入って、音楽を作り始めた頃の私はまだ若かったので、わからないことがとても多かった。でも、活動を続けていく中で、音楽的にも人としても成長できたと思うし、そうした変化が作品には表れているんじゃないかな。いまは、自分が何をしたいのか、どういう表現をしたいのかがわかっているし、アルバムを出すたびにそう強く実感できている感じがするの」

——そうした変化の兆しは、3作目の『Granda』からとくに感じられるように思います。

Brodka「そうね。3作目の『Granda』を出してからは、ヴィジュアル面も重視するようになって、写真やMVに関してもすごく力を入れるようになったわ。デビューしたばかりの頃は、自分は単にヴォーカリストだと考えていたけれども、いまはトータルに表現できるアーティストに成長できたように思う。各アルバムはそれぞれに当時自分が関心あったことを表現していて、『Granda』では民族音楽が、そして今回のアルバム(『Clashes』)ではオルガンがそう。そうやって何かしらテーマがアルバムごとに異なっているのも成長を表しているんだと思う」

NeoL_brodka7 | Photography : Chus Anton NeoL_brodka6 | Photography : Chus Anton

——出身はポーランド南部のシヴェイツというところだそうですが、小さいころはどんな音楽を聴いていたんですか。

Brodka「私の父は、ポーランドの伝統的な山岳音楽のミュージシャンだったの。だから、小さいころから家ではいつも音楽が流れているような環境で、山岳音楽のほかにも、両親の影響でビートルズやアバなんかをよく聴いていたわ。けど、自分にとっていちばん大きな存在だったアーティストはニルヴァーナね。10代の頃にニルヴァーナを聴くようになって、とても影響を受けた。ジャズ・ヴォーカルを習っていた時期もあったけど、やっぱりいちばんよく聴いていたのはグランジとか90年代の音楽かな。あとはドアーズとかジミヘンとか昔のアーティストも聴いていたし、若いころはメタルにハマっていたこともあったわ」

——オーディションの話がなかったら、バンドを組んでいたかもしれない?

Brodka「あり得る話ね。私が育った地元にもいくつかパンク・バンドがいて、そのバンドに入りたいと思っていたわ。でも、若い頃は長い間ヴァイオリンを弾いていたので、自分のことをヴォーカリストというよりもミュージシャンだと認識していた。それでバンドに『ヴァイオリンで参加したい』といったら断られてしまったの。それでちょっと心が折れちゃって、これからはもっと歌をやろうって思ったのよ(笑)。でも確かに、若いうちに『IDOL』(※オーディション番組)で成功してしまったことで、ガレージでバンド練習したり、地下室でリハをしたりみたいなことができなかったから、そういうのをやりたいっていう気持ちはあったわ。ソニック・ユースとかパンク・ロックを聴くのが好きだったし」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会