ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

メアリー・J.ブライジ、【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード】で<アイコン賞>を受賞へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
メアリー・J.ブライジ、【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード】で<アイコン賞>を受賞へ

 米ビルボードが主催する【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード 2017】にて、メアリー・J.ブライジが<アイコン賞>、グレース・ヴァンダーウォールが<ライジング・スター賞>を受賞することが発表された。

 R&B界のレジェンドであるブライジと米オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』を優勝したことで一躍ブレイクしたヴァンダーウォールは、現地時間2017年11月30日に米ロサンゼルスのレイ・ドルビー・ボールルームにて行われる授賞式で賞を授与される。

 米ビルボードは毎年、【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード】と【ウィメン・イン・ミュージック】号では、米音楽業界で活躍する女性アーティストや重役の功績をハイライトしている。

 その年に最も輝いた女性スターに贈られる<ウーマン・オブ・ザ・イヤー>は、今年セレーナ・ゴメスが受賞することが決定しており、加えてカミラ・カベロ、ケリー・クラークソン、ケラーニらも選出されている。また、クラークソン、カベロ、ケラーニとヴァンダーウォールは当日パフォーマンスを披露することも決定している。

 今年は初の試みとして、授賞式とレッドカーペット・プレイベントが、現地時間11月30日午後6時~9時(太平洋標準時間)にTwitterで生中継される。

関連記事リンク(外部サイト)

カミラ・カベロ/ケリー・クラークソン/ケラーニ、【ビルボード・ウィメン・イン・ミュージック・アワード】で表彰されることに
セレーナ・ゴメス、米ビルボードが選ぶ2017年<ウーマン・オブ・ザ・イヤー>に
メアリー・J.ブライジ、デビューAL『ホワッツ・ザ・411?』発売25周年

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。