体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セレーナ・ゴメス、約1年ぶりのパフォーマンスへむけたリハ映像を公開

セレーナ・ゴメス、約1年ぶりのパフォーマンスへむけたリハ映像を公開

 現地時間2017年11月19日に開催される【アメリカン・ミュージック・アワード 2017】(AMAs)にて、約1年ぶりにパフォーマンスを披露する予定のセレーナ・ゴメスだが、現在リハーサルに明け暮れているようだ。

 11月15日、彼女は自身のインスタグラムに先日リリースされたばかりで、授賞式で披露予定の「ウルヴス」をリハーサルするビデオを投稿した。セレーナは今年の夏、自身が患っている難病のループス(全身性エリテマトーデス)の治療のために腎臓移植を受けており、【AMAs】で手術後初のパフォーマンスを行う。

 2014年の【AMAs】で彼女は、デビュー・シングル「ザ・ハート・ウォンツ・ホワット・イット・ウォンツ」を涙ながらにエモーショナルに歌い上げた。この曲は、当時交際と破局を繰り返していたジャスティン・ビーバーについて書かれた曲で、ここ数週間、2人は復縁が噂されている。

 今年の【AMAs】は、現地時間11月19日に米ロサンゼルスのマイクロソフト・シアターで開催され、米ABCにて東部標準時午後8時から生中継される。

◎セレーナ・ゴメスによる投稿
https://www.instagram.com/p/Bbipwpwgg9R/

関連記事リンク(外部サイト)

大人と少女の二面性を持つ魅惑のヴォーカルに注目 / セレーナ・ゴメス「ウルヴス」(Song Review)
セレーナ・ゴメス、新曲「ウルヴス」初披露へ向けたリハーサル模様を配信
セレーナ・ゴメス、米ビルボードが選ぶ2017年<ウーマン・オブ・ザ・イヤー>に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会