ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MAN WITH A MISSION、なぜ歌詞が英語?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

MAN WITH A MISSION、なぜ歌詞が英語?
J-WAVEでオンエア中の「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。木曜はいきものがかりの水野良樹とお送りしていますが、11月16日(木)のオンエアでは特別に、MAN WITH A MISSIONのジャン・ケン・ジョニーさんとお届け。ジョニーさんに曲作りについてじっくりとお聞きしました。

まずは「曲作りの際は、どの部分から作っているか」をお聞きしたところ、「入口デアルAメロ」という答えが返ってきました。ちなみに、以前、いきものがかりの水野は「サビから」と答えていました。

ジョニー:自分ノ中デハ、入口ガポイントニナッテイル気ガシマス。
藤田:スッと出てくることもあるし、出てこない時もあるんですか? それとも、入口でスッと入ればうまくいく? もしくは、入口でスッといっても「Bメロがうまくいかないな…」という時もある?
ジョニー:“Aメロ”ノ入口ガスゴク良クテモ、ウマクイカナイコト、アリマスヨ! 一番苦労スルノハ、“Bメロ”ダッタリ…“サビ”ハ心臓部ナノデ、スット出テクルンデスケド。アト、苦労シテル時ッテ大抵良クナイデス(笑)。

と、いきなり貴重な話が飛び出しました。ジャン・ケン・ジョニーさんは、先にメロディの並びを考えるため、そのときはコード進行は”なんとなくのイメージ”しか出来てないそうです。

藤田:曲を作るにあたって、意識していることはなんでしょう?
ジョニー:ロック、トイウジャンルヲ中心ニヤッテイルコトモアッテ、時代性ヲ盛リ込モウトスルノト同時ニ、一過性ノモノデ終ワッテホシクナイトイウ願イモアルノデ、バランスハ大切ニシヨウトシテイマス。
藤田:なるほど。時代を鑑みながらも、普遍なものにしようとしているわけですね。
ジョニー:ソノ通リデス。ヤッパリ、100年後ニモ聴イテ、良イ曲ダナト思ッテクレルヨウナモノヲ作ルノガ理想デス!

続いて、歌詞に迫りました。MAN WITH A MISSIONといえば英語詞のイメージがありますが、最新作には日本語詞もあります。

藤田:英語詞にするか、日本語詞にするか、決め手はありますか?
ジョニー:メロディーデスネ。曲作リノ最初ハ鼻歌ナンデスケド、鼻歌ヲ歌ッタ時ニドッチノ言葉ガノッテイルカ。
藤田:譜割りとか…そこにのる感覚は、変わってきますか?
ジョニー:変ワッテクルト思イマス。日本語ハ母音ガ非常ニ強イ言語ナノデ、ソウイウメロディーヲ自然ニ作ッテイルト思イマスシ。英語ハ子音ガ多イノデ、流レルヨウナメロディーヲ作ッテイルトキハ、自動的ニ英語ニ…。

さらに、声の魅力についてお聞きしました。

ジョニー:自分ノ中デハ、ヴォーカルハ2ツノタイプガアッテ…ストーリーヤ詞ニ憑依スルタイプト、自分ノ魂ヤ心ノ一部ヲ削ルヨウニ歌ウタイプ。ドチラノタイプモ好キダケド、(MAN WITH A MISSIONの)トーキョー・タナカサンハ後者ダト思イマス。客観的ニミテ、ストーリーニ準ジルトイウヨリハ、自分ノ一部ヲ曝ケ出スヨウニ歌ッテイルタイプデスネ。

最後に、ジャン・ケン・ジョニーさんにとって「グッドミュージック」とは何かをお聞きしましたところ「時代ノ一場面ヲ切リ取リナガラモ、時代ニダケ囚ワレナイ、普遍的ナ“力強サ”ト“メッセージ”ヲ持ツ楽曲デハナイカ」とのこと。かなり踏み込んだ話をしてくれました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。