体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンガ『めしにしましょう』掲載の「肉あんかけチャーハン」、アイドルと一緒に作ってみた【小林銅蟲×妄キャリ】

マンガ『めしにしましょう』掲載の「肉あんかけチャーハン」、アイドルと一緒に作ってみた【小林銅蟲×妄キャリ】 f:id:Meshi2_IB:20171024090804j:plain

こんにちは、メシ通編集部です。

あまたある料理マンガの中で、最近のヒット作といえばなんといってもこれでしょう。

f:id:Meshi2_Writer:20161227174236j:plain

©小林銅蟲/講談社

隔週刊漫画誌『イブニング』(講談社)にて好評連載中の『めしにしましょう』です。

内容を簡単に説明すると……

漫画家「广大脳子(まだれだいのうこ)」の敏腕アシスタントである「青梅川おめが」は、料理の腕も超一級。仕事の合間の食事作りも彼女の担当なのですが、作り上げる料理が尋常じゃない! 巨大な肉塊を風呂の湯船で低温調理しローストビーフを作る、生きたスッポンをいちからさばいてフルコースで提供、カエル、ザリガニ、フジツボなどからたっぷりとダシをとった「ブイヤベース的なもの」を作り上げるなど、常に超本気であり、常にやりすぎ!

作者はおなじみ、このお方。

f:id:Meshi2_IB:20171004165815j:plain

小林銅蟲先生!

以前『メシ通』でもブッ飛んだ料理を披露していただきました。

www.hotpepper.jp

ご自身のブログでも、オリジナル料理がたくさん紹介されてます。

negineesan.hatenablog.com

そんな小林銅蟲先生に「誰でも手軽に作れそうな料理を教えてください」とリクエストしたところ、こんな返答が。

f:id:Meshi2_IB:20171004183241p:plain「そこそこお手軽でそこそこテクニカルな『肉あんかけチャーハン』はどうでしょう」

「めしにしましょう」第1巻収録の「肉あんかけチャーハン」なら、比較的簡単なので誰でも気軽に作れるのでは、という予想外にマトモなリアクション。

でも、小林先生が作るのはやっぱりハードルが高そう……。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。