ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソーラー電力とLED照明を組み合わせた、エネルギー自律型屋外広告ディスプレイ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アイルランドの首都ダブリンで2013年に創設された「Solar AdTek(ソーラー・アドテック)」は、ソーラー電力とLED照明モジュールを組み合わせた独自の屋外広告ディスプレイを開発・販売するスタートアップ企業として知られている。

・ソーラー電力とLEDを組み合わせた屋外広告ディスプレイ

主にバス待合所や看板などに活用されている「Solar AdTek」の屋外広告ディスプレイは、太陽光発電によって得たエネルギーでLED照明モジュールを点灯させ、広告メッセージを色鮮やかに照らし出しながら、街灯としての役割も果たすのが特徴だ。

独自に開発されたソーラーコントロールユニットでは、位置情報、天候や気温、昼夜差などを自動で測定し、これらの測定データをもとに、蓄電池の充電を最適化したり、照明を点灯させるための出力電力を制御したりする仕組み。

また、LED照明モジュールはカスタマイズ可能で、既存の蛍光灯に比べて、電力コストを最大77%も節約できるという。

さらに、WiFiホットスポットやシステムのリモート診断などに必要なデータ通信を行うためのモバイルネットワーク機能も備わっている。

・オフグリッドな地域にも導入しやすく、環境にやさしい

「Solar AdTek」の屋外広告ディスプレイは、エネルギー自律型であるがゆえ、送電線へのアクセスに乏しい地域にも導入しやすいのが利点。

これまでに、地元ダブリンのほか、フランス西部のナント、スウェーデン中部のヴェステロースなどのバス待合所で採用されている。

再生可能エネルギーを活用した環境にやさしい屋外広告ディスプレイとしても、幅広い需要が見込めそうだ。(文 松岡由希子)

Solar AdTek

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。