ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

藤田晋が語る「AbemaTV」、最も力を注いだことは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

藤田晋が語る「AbemaTV」、最も力を注いだことは?
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。11月16日(木)のオンエアでは、サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋さんをお迎えし、インターネットテレビ局「AbemaTV」の躍進について伺いました。

「今、仕事の95%をAbemaTVに注いでいる」と藤田さん。7400万視聴を記録した「垣・草?・香取 3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」の余波は、今でも続いているのだとか。

「テレビ業界、芸能界にも大きなインパクトがあったんじゃないかなと。必ずしも地上波じゃなくても大きなコンテンツはできるということを一つ証明したかなと思っています」(藤田さん、以下同)

また、安倍総理、将棋の藤井聡太四段、ミュージシャンのASKAさんが出演するなど、これまででは考えられない自由なキャスティングに関しても伺いました。

「放送法の縛りを受けない部分もありますけど、時間をいくらでもつくることができるし、チャンネルを増やすこともできる。あまり枠にとらわれないということです。ASKAさんも『自分の曲をちゃんと1曲歌わせてくれるなら』ということで来てくれたんです。藤井四段の将棋の試合に関しても、朝からずっと放送できるのは特徴ですね」

そんなAbemaTVが、特に力を注いているのはどんなところなのでしょうか?

「何よりも使いやすさ。ユーザーインターフェイスという言葉があるんですけど、簡単に立ち上がって、簡単にサクサク操作できて…という。ワンセグがなかなか普及しなかった事実を僕は重く受け止めていて。あれは、視聴するまで少しストレスがある。それを取り除いて、使いやすものを作ったつもりです。コンテンツ自体よりも快適さを追求することに、技術者と共に時間をかけました」

「インターネット上にマスメディアをつくる」と標榜しているAbemaTV。有料のアプリと違い、広告収入で成り立っているところも、地上波のTVと同じ収益モデルとなっています。

また、オンエアではビッグニュースも! 実はAbemaTVは、12月1日(金)より「ラジオチャンネル」を開設します。かつてはラジオリスナーだった自身のように、再びラジオの面白さを見つけてもらうために、各局のおもしろい番組をラジオチャンネルで放送するのだとか。

ちなみにJ-WAVEからは、「STEP ONE」「SONAR MUSIC」「SAISON CARD TOKYO HOT100」の3番組がオンエアされることに! そしてJ-WAVEだけ一足早く、11月20日(月)のプレオープンから聴くことができるそうです。お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。