ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

限りある時間の中で「子どもが自分でできるまで待つ」って忍耐!子待ちタイムの有効活用 by うだひろえ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
限りある時間の中で「子どもが自分でできるまで待つ」って忍耐!子待ちタイムの有効活用 by うだひろえ f:id:akasuguedi:20171115130619p:plain 前回のエピソード:産前は軽かったのにー!産後の生理痛が重すぎて育児中なのに月半分は廃人化する私 by うだひろえ

「自分でできる子に育てる方法」といったような記事を読むと、手出し口出し無用、子ども自身に任せる、親は見守るのみ……なんて書かれていて、「うんうん、確かに!」と思って、実践してみたりします。

まあでもこれがなかなか、難しい。いや、私にとっては、これはもう、日々の最大の敵と言えるかもしれません。

子どもが自分でできるまで、待つこと。

例えば、朝の身支度。年長さん息子と年少さん娘、それぞれができる状態まで私が用意し、スタート。

はい、まず、第一に、そもそも、やりません。取りかかれません。

ぼーっとしています。

「お~い、ご飯食べ終わったら、何するんだっけ~?」

言われて、1回で「ハッ」として動き出したら幸い、2・3回言っても動かない日もたびたび、手を変え品を変え、動き出すように促します。

靴下を出す、靴下をはく、帽子を出す、帽子をかぶる、スモックを出す、スモックを着る、スモックのポケットにティッシュとハンカチを入れる……

おもしろいことに、全てのアクションに「どれにしようかな」「あれ、はんたいだ~」などのトラップがいちいちあり、サラサラ流れていきそうな作業が汚泥のように滞っていきます。

「どっちでもいいから早くして!!」なんて言いたいのを堪えます。

「ああもうなんでいつも反対なの!?」と言いながら脱がして正しい向きに着させたいのを、唇噛んで我慢します。

……できるかぎり。

私も人間なので、限界超えれば「もう行くよ!」と身支度させて車に押し込んで園に向かうこともしばしばです。

「遅刻するとどうなるか、本人にわからせましょう」なんて件の記事には書かれてたりしますけど、うちの場合「遅刻=私の仕事時間が少なくなる」だけなので、申し訳ないけどその経験は、小学校に入ってからに先延ばし。

問題は、「できるかぎり」が、私の忍耐力にかかっている部分が大きいこと。

私の忍耐力は、私の精神力、体力、気持ちの余裕などなどに大きく影響される、つまりは私の都合になってしまうので、それはあまりよくないかなと思いまして。

完全なる「時間=タイムリミット」を設定して、それまでは、待てるようになりたい。なんて思いまして。

そのためには、待ってる時の「イライラを通り越してゾワゾワする感じ」、これをどうにかしたいなって思ったんです。

思うにこれって、「時間のもったいなさ」から来てるのかなって。

家事育児って同時進行でいろんなことこなしていくわけですけど、この「子待ちタイム」って、ただただ、待ってるだけなんですよね。

じゃあ、なにかタスクを同時進行でやればいいのかって言うと、まあちょっと目を離すと、その分きっちり子どもは手を止めてたりするので、結局時間がかかったりして。

意識をちゃんと子どもたちに向けつつも、なにかできること。

ってなった時に思いついたのが、「首のリンパマッサージ」と「二の腕ほぐしマッサージ」でした。

これのすごいところは、「マッサージしてる感」があまりなく、普通に立ってるように見えるところ。(多分。人に「え?今マッサージしてる?」と言われたことはないので)

人前じゃなければ、ちょっと両手を挙げてポージングする感じで、ストレッチも。

家事育児で凝り固まった体をほぐすと、気持ちも軽くなって、子どもたちのことを待つ余裕も生まれてきます。

子どもたちも、「まだ!?まだ!!!???」というオーラを全身から出している私よりも、なんか変な動きしながらも、余裕の笑顔で待ってる私の方が、いいんじゃないかな、と思います。 関連エピソード:はやく!と言わなくても、子どもが自ら動くようになった!? 「魔法の時計」の効果に驚愕 by tomekko

f:id:akasuguope02:20150819072853p:plain

著者:うだひろえ

年齢:アラフォー

子どもの年齢:5歳と3歳

マンガ家/イラストレーター。愛知県生まれ。2008年『夢追い夫婦』(KADOKAWA)でコミックエッセイデビュー。『誰も教えてくれないお金の話』(サンクチュアリ出版/監修:泉正人)が30万部を超えるベストセラーに。5歳男児&3歳女児の子育てに奔走する生活を、ツイッターやブログで垂れ 流し中。

website:http://umeyon.net

最新刊:「伝えるチカラを身につけたらダメ旦那が稼げる男になりました」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

この作者の過去記事

うだひろえ

うだひろえさんの

過去記事はこちら

過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

「本当にこの子を愛せている?」 その答えがわかった時に私は真の「母親」になれた
昔から子どもは大好きだったのに…産んだばかりの我が子をかわいいと思えなかった by そめた
子育てのストレスで涙が止まらない。周りに助けを求めることが大切なんだ!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。