ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Brian the Sun インタビュー】誰にでもある感覚を歌った美しくて切ないバラード

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ニューシングルはテレビアニメ『3月のライオン』のエンディングテーマとして書き下ろした「カフネ」。結成10周年を記念して、10月に開催した『ブライアンフェス』でもファンの気持ちを鷲掴みにしたバラードの佳曲だ。
L→R 白山治輝(Ba&Cho)、田中駿汰(Dr&Cho)、森良太(Vo&Gu)、小川真司 (Gu&Cho) (okmusic UP's)
──今作「カフネ」はどんなふうに作っていったのですか?

「原作を読んで、自分が受け取った作品のメッセージだけで歌うと、作品の良さを崩してしまいそうな気がしたんです。だから、作品を代弁するのではなく、作品の中の感情の動きや色彩と自分の持っているものが被るところを曲にしていきたいと思いながら書きました。キャラクター全員が、何か足りていないんですよ。誰もが満たされていなくて、空虚さを抱きながらも強く生きている。でも、人間って誰しもそうじゃないですか。そういう足りなさや、なんであの人にまた会いたいと思うんだろう?とか、なんで大切な時に大切な言葉を言えないんだろう?とか、そういう誰にでもあるような感覚を歌えたらなと思った結果、何か歌っているようで何も歌っていないような歌詞になってしまいました。でも、僕はそれが一番音楽のきれいなかたちだと思っているんです。」
──ポルトガル語で、愛する人の髪にそっと指を通すしぐさを意味するタイトルからも、《暖かい 永遠に身を委ね 眠る君を見ていた》という最後の歌詞からも、とても幸せな風景が浮かび上がるのですが、曲が持っている雰囲気は悲しいというか、切ないというか。

「主人公の桐山 零くんの気持ちは、そういう感じなのかもしれないですね。僕もそういうテンションで生きているんで(笑)。良いことも悪いこともある、光も影もあるよなっていう。実は歌詞はかなり書き直したんです。当初書いていた歌詞はもっと愛情があふれる感じだったんですけど、制作スタッフの方々にはイメージがあって、恋愛の歌にはしたくなかったみたいなんです。でも、それは分かるなって思いました。書き直してめちゃ良かったと思います。そういう意味でもいろいろな人の気持ちを通り抜けている。そういう曲ってやっぱり強いと思うんですよね。」
──とてもいい曲なんですけど、ストリングスが加えられていること以外、何ひとつ派手なことはしてない。今回、編曲に笹路正徳さんが参加していることも話題のひとつですね。

「ちょうどスピッツを聴いていたんですよ。笹路さんがプロデュースしていた時期のスピッツってすごく自然で良くて。それで思い切ってお願いしてみたら快諾していただけたんです。」
小川
「そしたら楽器のアレンジは好きなようにって。音楽の理論的な裏付けはしていただいたんですけど、僕らとしてはもっとJ-POPなサウンドを提案されるんじゃないかって思ってたから、“あっ、俺ら、自分たちでやるんだ”って(笑)。当たり前と言えば、当たり前なんですけど、僕らが考えていたプロデューサー像とは全然違っていた。」

「ただ、すごい安心感はありました。笹路さんがOKって言ったら“これ、いいんだ!”って、みんなが思えた。そういう取捨選択や方向性を決める作業がすごく早かったんです。」
白山
「今回CDになっているのは、“じゃあ、試しに録ってみましょうか”のテイクです。僕ら、自分らでやる時はOKテイクが録れても、もしかしたらもうちょっといけるかもしれないから、もう何回か録ってみようってことを取りあえずしちゃうんですけど、今回は“とりあえず”とか“一応”とかみたいなことはやらなくていいからって言われたんですよね。」
小川
「良いものは良いからって、すごい言い切られて(笑)。」

「実際、しっかり聴くと“ここはもうちょっと…”ってところはあるんですよ。でも、そこがすごく音楽的なんです。そういうところを絶対整えない。そこをやり出すと、“だったら、機械がやればいい”ってなる境目をしっかり守ってもらえた。何よりも音楽的かどうかで判断してくれていましたね。」
──カップリングの“フォレルスケット”というタイトルも「カフネ」同様、聞き慣れない言葉ですが。

「“初恋の時の気持ち”みたいな意味だそうです。とにかく“ハッピーな恋”みたいなことをタイトルに付けたかったんです。」
──歌の内容とタイトルが皮肉っぽい関係になっているところが面白い。これ、《君》という別れた相手を、まだ想っているという歌じゃないですか。

「別れているかどうかも微妙なところですよね。掴みどころがない曲にしたかったんです。《君》っていうのが本当に存在する《君》なのかも分からないし、《君》を《夢》《目標》《未来》って言葉に置き換えると、また意味合いも変わってくるし。しっかりとしたビジョンを持つ前の、なんとなく花屋さんになりたいとか、ケーキ屋さんになりたいとか、そういう衝動だけで思い描く未来像って、すごく恋に近いところがあると思うんですよ。なんか、そういういろいろなことを感じながら聴いてもらえたらと思います。」
──演奏は「カフネ」とは逆に、勢いのあるバンドサウンドを楽しめるものになっていますね。
田中
「僕ららしいというか、昔からやってきた疾走感ある曲ではあるんですけど、拍子を変えてみたり、細かいキメを作ってみたり、進化はしていると思います。」
小川
「バンドらしい遊び心を感じてもらえるんじゃないかな。」

「こういう曲をロックじゃないように聴こえるように演奏できたら一番いいと思うんですよ。こういう曲って気合いを入れれば入れるほど激しくできるんですけど、そうじゃなくて、ポップスとして演奏できるようになりたいんです。」
──確かにギターのフレーズの作り方やコードの選び方はロックっぽくないですよね。
小川
「今までの曲に比べたら、そういうところはすごく考えました。パッと聴いたら同じフレーズの繰り返しに聴こえるところも、実は全部が違っていたり、ちょっとずれていってたり、めちゃめちゃややこしい(笑)。そういう意味では特殊な色が見えるというか、今までの曲の中に入れてもパッと色味が際立つような曲になったと思います。」
取材:山口智男
「カフネ」MV(YouTube ver.)

https://youtu.be/qj2VAA8wN38シングル「カフネ」
2017年11月15日発売

EPIC Records Japan

【ライオン盤(DVD付)】

ESCL-4929~30 ¥1,759(税抜)

※期間生産限定盤

©羽海野チカ・白泉社/「3月のライオン」アニメ製作委員会

【ブライアン盤(DVD付)】

ESCL-4926~7 ¥1,759(税抜)

※初回生産限定盤

【通常盤】

ESCL-4928 ¥1,000(税抜)
『Brian the Sun TOUR 2018 「the Sun」』
2/22(木) 千葉・LOOK

2/24(土) 神奈川・横浜BAYSIS

2/25(日) 栃木・宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2

3/03(土) 愛媛・松山Double-u studio

3/08(木) 広島・CAVE-BE

3/11(日) 北海道・BESSIE HALL

3/14(水) 鹿児島・SR HALL

3/15(木) 宮崎・SR BOX

3/17(土) 大分・カンタループII

3/21(水) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2nd

3/24(土) 兵庫・神戸VARIT.

3/25(日) 香川・高松DIME

3/31(土) 京都・KYOTO MUSE

4/01(日) 岡山・livehouse IMAGE

4/07(土) 新潟・CLUB RIVERST

4/08(日) 石川・金沢VANVAN V4

4/14(土) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO

4/22(日) 東京・赤坂BLITZ

5/19(土) 福岡・BEAT STATION

5/27(日) 大阪・なんばHatch
Brian the Sun
ブライアン・ザ・サン:2007年、大阪で結成。『閃光ライオット2008』で準グランプリを獲得するも、直後に活動休止。09年に活動を再開し、メンバーチェンジやパートチェンジを経て11年4月より現在の編成となる。コンスタントな制作、ライヴ活動で全国に名を広め、16年6月にテレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』のエンディングテーマ「HEROES」でメジャーデビューを果たした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。