体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目薬を使いすぎると悪化することも!? 目の充血を身体の内側から治す方法

120423eye01.jpg

つけまつげから、瞳を大きく見せるコンタクトレンズまで、目元を美しく見せるテクがどんどん進化している近年。
ですが、せっかくキレイにしても瞳の充血が気になる……なんて女性も多いのでは?

実は私も、かつては慢性的な充血に悩んでおりました。ハードコンタクトレンズ&パソコンを、毎日長時間使用していたせいかもしれません。しかし眼科に行っても特に異常はないと言われたので、何かよいケアはないかとリサーチしまくりました。
するとある評判を目にし、試したところかなり回復したのです! その方法とは、意外にも「ビタミンB2」を摂取することでした。
 
WEBサイト『スキンケアで見肌を目指そう』には、ビタミンB2についてこう書かれています。

「ビタミンB2には、細胞の再生や成長を促進する働きがあり、皮膚や爪、毛髪の発育に深く関わっています。(中略)その他、呼吸、消化、循環系の粘膜の健康を保ち、眼、皮膚の働きを正常にし、体の健全な発育を促進します。
ビタミンB2が不足すると、肌荒れ口内炎ができるなど、皮膚や粘膜に影響を与えます。その他、肌が脂っぽくなる、フケがひどくなる、にきび、目の充血などの症状を引きおこします」

ちなみにビタミンB2を多く含む食材としては、牛レバー、サバ、納豆、チーズ、牛乳、シジミ、イワシなどがあるそう。でも私はレバーも納豆も嫌いだし、食品から摂るのは限界があるので、ビタミンB2を主剤にしたサプリ(私の場合は、チョコラBBプラス)を飲み始めました。

すると、いつしか充血がかなり緩和されたんですよ~! 以来、今でも毎日飲み続けています。肌あれにも効果的なので、一石二鳥ですね。
ただし、安易に考えないで下さい! 目の充血には様々な原因が考えられます。『目の病気ガイド』というサイトによると、例えば……

「眼精疲労、結膜炎、眼瞼炎、ごみが入っている、角膜の剥離、角膜の潰瘍と感染、虹彩炎、ブドウ膜炎、眼球破裂と眼球内異物、コンタクトレンズ過剰使用など、目の充血にはさまざまな原因が考えられます。(中略)
放置しておくと失明などの危険もあるので、簡単に判断せず眼科に行くようにしましょう

おかしいと思ったら、自己判断せずにすぐに病院に行ってください! そのうえで、病気でない場合は以下を心がけましょう。

「何らかの病気が原因でない限り、目の充血は目に負担がかかっている状態といえます。目が充血したら、目薬を点眼しましょう
コンタクトレンズが原因で目が充血している場合は、1~2日、コンタクトレンズの装着を止めて、目を休ませてあげましょう
目の充血はストレスや疲れからきている場合もあります。十分な休養をとり、睡眠をたっぷりと取ることが大切です」

ちなみに充血緩和効果のある目薬には、血管収縮剤が入っているものが多いです。これは一時的には充血を抑えますが、差しすぎるとかえって充血を招くこともあるので注意です! 『ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ』には、血管収縮剤について下記のようにも書いてあります。

コンタクトレンズを使われている方ですと、無理やり血管を収縮させるとことで眼球への酸素が不足し、トラブルの原因になることもあるのです」

以上からわかるように、充血は目薬などでごまかさず、根本から治していくことが肝心です。私はビタミンB2が効果的でしたが、これは特に病気がなかった場合。また、効果には個人差があります。あくまでも「プラスアルファのケア」として、お考え下さいね。

photo by Thinkstock/Getty Images

スキンケアで見肌を目指そう目の病気ガイドある奈良県の眼科医が目について書いたブログ

(芦井くーみん)



(マイスピ)記事関連リンク
手相で病気がわかる!? 伝統ある「掌紋医学」が診断できるiPhoneアプリ『手相漢方』
ローズクォーツで肌もほころぶ! 「かっさ」を使った小顔マッサージのコツとは?
ヘアケアの盲点は水道水! 塩素除去シャワーヘッドの威力は高級トリートメント以上!?

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。