ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「なんかあっというまにできちゃってさぁ~」「一発でできたの~!」つらかった周囲のオメデタ話 byりーぬ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2015年10月に第一子となる息子を出産し、日々ドタバタ子育てに奮闘している新米ママ、りーぬと申します。 前回エピソード:今周期のリセットは「月末のサッカー観戦を楽しんで!」と赤ちゃんが気を利かせたから…と思いたい(涙)byりーぬ

不妊治療を開始してから、周りの妊娠話に心がざわつきはじめました。

f:id:akasuguedi:20171101160929j:plain f:id:akasuguedi:20171101160946j:plain f:id:akasuguedi:20171101161007j:plain f:id:akasuguedi:20171101161024j:plain f:id:akasuguedi:20171101161035j:plain f:id:akasuguedi:20171101161047j:plain

ちょうど1人目の不妊治療を行っている頃、特に望んでいない妊娠や、計画通りすぐに成功した妊娠の話を立て続けに聞くことがありました。

その頃の私には、インパクトが強く、穏やかに聞くことができませんでした。

頭では心からの祝福をと思っているのに、どうしても心の奥が曇ってしまう…

私は赤ちゃんに会いたくて会いたくて頑張っているのにどうしてうまくいかないの?!

という焦りと妬み、そしてそんな自分の感情に自己嫌悪…

不妊治療をしている方は一度は経験するのではないでしょうか?

明確な解決方法は見つかるわけでもなく、ただただ祈る日々でした。

ネガティブな感情が出てきてしまったことは、私だけがダメな人間なのではなく人間の性だから仕方ないと割り切って(笑)、意識的にはポジティブなことを願うということを続けていました。

時間はかかっても、赤ちゃんは私たちにとっての「最高のタイミングを選んでいるんだ」と考えるようになってからは、心の奥が曇る回数が減ったように思います。 関連記事:幸せオーラが生理痛に染みるぜ!不妊の私以外全員が妊婦の職場で発狂寸前 by 肉子

f:id:akasuguedi:20170614143656j:plain

著者:りーぬ

年齢:30代

息子:1歳

2015年10月に第一子である息子を出産。初めての子育てに、毎日ドタバタ奮闘しております!大変なことを上げればキリがありませんが、せっかくなら楽しくやろう!とだいたい笑って生きています^^。インスタグラムにてゆるりと育児絵日記(@tky_rinu)を更新しております!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

今周期のリセットは「月末のサッカー観戦を楽しんで!」と赤ちゃんが気を利かせたから…と思いたい(涙)byりーぬ
排卵誘発後の高確率タイミング、夫にどう伝える?悩みぬいた末、咄嗟に出た言葉とは…。byりーぬ
前触れもなく起こった大量出血。検査の結果言い渡されたのは「子宮頚管異形成」

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。