体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「金銭感覚ゼロ」。ダメ男と結婚ってアリ?

「働く女性の成功、成長、幸せのサポート」という理念のもと、キャリア支援やコンサルティング、現在では結婚コンサルタントなど、幅広い領域で活躍されている川崎貴子さん(川崎さんの記事一覧)。

人材コンサルティングの経験と、女性経営者ならではの視点から、のべ1万人以上の女性にアドバイスをしてきた川崎さんが、「“働く女性”に立ちはだかるさまざまなお悩み」に、厳しくも温かくお答えするこのコーナー。

第七弾は、「金銭感覚の無い彼と結婚していいか迷っている…」という女性からのご相談です。

f:id:junko_one:20171113131457j:plain

<今回の相談内容>

現在お付き合いしている彼に甲斐性がなく、結婚していいのか迷っています。

というのも金銭感覚が全く合わないんです。週に何度も飲み会があったり、洋服や趣味、交際費に毎月10万円以上お金をかけていて、ほとんど貯める様子がありません。二人の将来の話もたまにするのですが、変わる様子は全くなしです。

結婚後も同じ生活をされたら貯金できませんし、育児や介護で私が働けなくなる可能性を考えると不安です。とはいえ、今の段階でお金の使い方に口を出すのもどうかと思っています。彼にどう伝えるべきなんでしょうか?

(事務・29歳)

回答者:川崎貴子

川崎貴子氏

リントス(株)代表。「働く女性に成功と幸せを」を理念に、女性のキャリアに特化したコンサルティング事業を展開。

1972年生まれ、埼玉県出身。1997年、人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。女性に特化した人材紹介業、教育事業、女性活用コンサルティング事業を手掛け、2017年3月に同社代表を退任。女性誌での執筆活動や講演多数。(株)ninoya取締役を兼任し、2016年11月、働く女性の結婚サイト「キャリ婚」を立ち上げる。婚活結社「魔女のサバト」主宰。女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。「女性マネージメントのプロ」「黒魔女」の異名を取る。12歳と5歳の娘を持つワーキングマザーでもある。

<回答>

「甲斐性なし」とあったので、一瞬彼のお給料の金額に関する相談なのかと思いましたが、給与は普通でもお金を使い切ってしまう彼の事なのですね。まさにそれも「結婚適齢期な女性」からしたら立派な甲斐性なし。今の状態で結婚を悩む気持ちはとても解ります。

相談者さんは堅実でしっかりされていそうだから、本来彼みたいな浪費家は、三顧の礼で相談者さんみたいな女性をパートナーにお迎えすべきなんですけどね。

「俺はしっかり者の奥さんと結婚したから、家や車や子供を持てたんだよ」

と、振り返るアラフォー夫を何名も知っていますが、彼らも独身時代は稼いだお金を、宵越しの金はもたねぇ!という江戸っ子レベルに使い切っていたものです。

結婚したら変わるかも、は超危険思想

f:id:junko_one:20171113131355j:plain

そんな事例を挙げると、「結婚したら変わるかも」と夢が宇宙いっぱいに広がりがちですが、それは一番の危険思想。「結婚したら・・・」「子供が出来たら・・・」と望みをbetして、その危険な賭けに敗れた妻たちのなんと多い事か。特に、結婚生活における価値観の中で「お金」はかなり重要なウエイトを占めます。それなのに、お金の事を十分に話し合わずに見切り発車で結婚してしまうカップルも多く、結婚後に血みどろの抗争が繰り広げられるのです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会