ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京近郊で楽しめるボジョレー・ヌーヴォーイベント3選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今年のボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は11月16日(木)。今年のブドウは、「今世紀最高と称された2015年を思い起こさせ、優美さという点でもレベルが高い」と、かなり期待できる出来とのこと。そこで、東京近郊で開催予定のボジョレー・ヌーヴォー関連イベントを3つピックアップしてみた。せっかくなら仲間とワイワイしながら、あのジューシーでフレッシュな味を楽しんでみてはいかがだろうか。


1.「BEAUJOLAIS MATSURI(ボジョレ祭り)」
ワイワイ楽しみたいならココ。南青山のコミュニティスペース「COMMUNE 2nd」で、11月16日(木)~18日(土)の3日間開催される、ボジョレーのAOCワインの生産者団体である「ボジョレワイン委員会」初の、一般向け“ボジョレー解禁”公式イベントだ。会場では、解禁したばかりのボジョレー・ヌーヴォーが1杯300円とお得に飲めるほか、シーフード、タイ料理、ドイツ料理など様々な料理も楽しめる。人気アーティストによるスペシャルパフォーマンスも実施予定。


2.オリエンタルホテル 東京ベイの「ボージョレー・ナイト2017」
11月16日(木)~18日(土)の3日間、緑と光に包まれたリゾート感あふれるバー・ラウンジ「ブローニュの森」にて、フレッシュで軽やかな味わいのボジョレー・ヌーヴォーがに加えて、ビールやカクテルなど30種類のドリンクが飲み放題になるスペシャルイベント。料金は5000円(税・サ料込み)。大人の贅沢な時間が過ごせそう。

3.「リアル・リッツ・パーティー」
どんな食材とも合わせやすい万能クラッカーの「リッツ」が開催する、誰でも参加可能な参加費不要のパーティー。11月18日(土)・19日(日)の2日間、渋谷ロフト3階で開催予定だ。会場では、ブルゴーニュの名門ブランド「ブショ・ルドー」のボジョレー・ヌーヴォーが用意されている。さらには、ボジョレー・ヌーヴォーと相性抜群の、大人の缶詰「缶ティパスト」をリッツに乗せた“缶ティパスト・オン・ザ・リッツ”も!参加費不要で楽しめる有難~いイベントだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。