体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古代メソポタミアで食べられていた料理をガチで作ってみた【歴メシ】

f:id:hotpepper-gourmet:20171106115126j:plain

5000年前、古代メソポタミアの人々は何を食べていたんだろう……。人間、一度は考える問題だと思います。あれ? 考えない? でも、古代に思いをはせ、文献を読みあさり、できるだけ当時に近いレシピで「歴史メシ=歴メシ」を作り続けているのが歴史料理研究家・遠藤雅司さん。そんな遠藤さんに自宅でも作れる「古代メソポタミア、古代ギリシャ、古代ローマ」のオススメ3大古代メシを聞いてみました。

古代メソポタミア(紀元前3000~紀元前400年頃)

■歴メシ1

優しい味わいのメソポタミア風だしが決め手

「古代小麦とラム肉のシチュー」

f:id:hotpepper-gourmet:20171106115647j:plain

【材料】(4人分) ラム肉 200g エンマー小麦 50g セモリナ粉 50g (※パスタ等に使用する小麦粉の一種) にんじん 80g クミン粉 大さじ4 (※カレー等に使用するスパイス) コリアンダー粉 大さじ4 (※パクチーのスパイスで柑橘系の香りが特徴) ミント 1枝 にんにく 1片 水 600ml

(メソポタミア風だし) 水 1.2リットル クレソン 50g きゅうり 100g フェンネル粉 大さじ1 (※セリ科の多年草のスパイスで甘い香りが特徴) クミン粉 大さじ1

【作り方】

1. メソポタミア風だしをつくる。鍋に水を入れて、ざく切りにしたクレソン、きゅうり、フェンネル粉、クミン粉を入れて水が半量になるまで弱火で煮込む。

2. ラム肉、にんじんを一口サイズに切る。にんにくをすりつぶす。

3. 鍋に水と1を入れてラム肉、クミン粉、コリアンダー粉、セモリナ粉、エンマー小麦、にんにく、にんじん、ミントを入れて火にかける。

4. 沸騰したらアクをとり、弱火で30分煮込む。適度にとろみが出てたら完成。

f:id:hotpepper-gourmet:20171106115740j:plain

▲世界中の歴史料理を自宅の台所で作り再現している遠藤雅司さん

――紀元前3000年って、約5000年前ですよね。食材を調理する概念があったのでしょうか? イメージ的にヤシの実をかじっている……とかしか浮かばないのですが……。

遠藤:しっかり調理していますよ。栽培した小麦を挽いて小麦粉にし、パンを焼いたり、野菜くずからダシをとったり、豆と麦でリゾットを作ったりしています。これらの料理は現存する世界最古の物語である『ギルガメシュ叙事詩』やイエール大学が保管する粘土板にも書かれています。

――ダシがあったんですか!

遠藤:そのダシを使ったのが「古代小麦とラム肉のシチュー」です。古代メソポタミアで収穫されていた野菜を煮てフェンネルやクミンで風味づけ。まぁ、コショウを入れたらもっとおいしくなるんですけどねー。

――そうなんですか? だったら入れましょうよ!

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会