ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

希少な「京都水尾産ゆず」が豊かに香るクラフトチューハイ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


京都府内の産地と企業が連携して作った“京都発クラフトチューハイ”が、11月14日(火)に発売された。あなたもチューハイで、京都の産地振興を後押ししてみない?

京都府では、府内産農林水産物のブランド価値向上と消費拡大のため、企業と産地が連携し「京の食6次化ビジネス創出支援事業」による新商品開発を進めている。この事業の一環として、「宝酒造」と「日本果汁」、「農事組合法人京都水尾農産」が連携し、「寶CRAFT<京都ゆず>」が誕生!

京都・滋賀を中心に料飲店、土産物店などで発売中の「寶CRAFT<京都ゆず>」330ml/268円(税抜)は、生産量が非常に少ない「水尾産ゆず」を使ったチューハイ。「水尾産ゆず」の特徴である強い香りと豊かな味わいが味わえる。

亀岡市との境の山あいに位置し、人口(約50名)の半数以上が65歳以上と高齢化が著しい“ゆずの里” 京都市右京区嵯峨水尾地域。そんな“ゆずの里”の産地の維持にも繋がっている。

京都の伏水で丁寧に仕込んだ、“ひとてま造り”の「寶CRAFT<京都ゆず>」。スペシャルな地域限定チューハイを、あなたもぜひ味わってみて。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。