ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

塩だしのつゆを使った十割蕎麦

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

11月14日放送の「あさチャン!」(TBS系、午前05時25分~)では、全国2000店以上の蕎麦を食べ歩いた蕎麦研究家がおすすめする蕎麦の名店を特集したコーナーで、「そば助・池袋西口店」(東京都豊島区)が紹介された。

東京メトロ副都心線・池袋駅のC6口から1分ほど歩いたところにある同店は、塩だしのつゆを使った蕎麦が楽しめるお店。

1日に200食売れるメニューとして「極め塩鳥そば」(850円/税込み)を紹介。「極め塩鳥そば」は、北海道のそば粉を使用した十割蕎麦を注文を受けてから麺状にして、茹でた麺を冷水でしめる。麺を冷水でしめると強いコシが生まれるとのこと。そして、器に移した麺をかつお節をベースに数十種類の具材で作られた塩だしのつゆと合わせて完成する一品。

店内で蕎麦を食するお客さんたちは「塩だしがおいしいですね、初めてですけど。」「濃すぎず、さらりと食べられるので、すごくおいしいです。」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:究極の塩だし そば助 池袋西口店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:池袋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:池袋×和食のお店一覧
宝石箱の様なお寿司
蕎麦づくしのフルコースメニュー「そばごちそう」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。