ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」アニメ・チャート首位をキープ、リトグリ『BORUTO』OPが2位

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」アニメ・チャート首位をキープ、リトグリ『BORUTO』OPが2位

 DAOKO×米津玄師「打上花火」(映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌)が、今週の“JAPAN Hot Animation”で通算14度目となる首位をマークした。

 チャートを構成する指標のうち、その他の動向は落ち着きを見せているものの、動画の再生回数、ストリーミング、ダウンロードの3指標は衰えを感じさせない。米津がリリースしたアルバム『BOOTLEG』には「打上花火」のセルフ・カバーが収録されており、オリジナルと聞き比べたり原曲をもう一度聞き返したりといったリスナーのチャート・アクションもあるのではないだろうか。アニメ・チャートの下半期を賑わせてくれた同曲がどう反映されるのか、年間チャートの発表も楽しみだ。

 続く2位には、Little Glee Monsterの「OVER」がチャート・イン。この曲はTVアニメ『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』のオープニング・テーマに起用されており、エアプレイとセールス・ポイントで首位、ダウンロード、Twitter、ストリーミングで4位を獲得。来週以降はダウンロードやストリーミングで上位をキープしつつルックアップと動画再生回数を伸ばしていくことができるかがカギとなるだろう。

 また、3位にチャート・インしたUNISON SQUARE GARDENの「Invisible Sensation」(TVアニメ『ボールルームへようこそ』OP)は、エアプレイで「OVER」を抑え1位、ルックアップは2位、動画の再生回数は5位を獲得。総合順位は先週の20位から大きくジャンプ・アップしてTOP3入りを果たし、「OVER」には一歩及ばずだったが上位での接戦を繰り広げた。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「打上花火」DAOKO×米津玄師
2位「OVER」Little Glee Monster
3位「Invisible Sensation」UNISON SQUARE GARDEN
4位「情熱ファンファンファーレ」本田未央(CV:原紗友里)、日野茜(CV:赤崎千夏)、高森藍子(CV:金子有希)
5位「ピースサイン」米津玄師
6位「My Hero」MAN WITH A MISSION
7位「ステップアップLOVE」DAOKO×岡村靖幸
8位「花の唄」Aimer
9位「未来の僕らは知ってるよ」Aqours
10位「Here」JUNNA

関連記事リンク(外部サイト)

11月20日付Billboard JAPAN Hot Animation
【ビルボード】DAOKO×米津「打上花火」アニメ・チャート首位に返り咲き、JUNNAが初登場3位
【深ヨミ】米津玄師『BOOTLEG』、前作から2年間の飛躍をCD売上から探る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。