体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大原櫻子、ツアー最終公演で新曲「さよなら」やカバー曲を歌唱

11月14日、大原櫻子の約1万6千人を動員したツアー『大原櫻子 4th TOUR 2017 AUTUMN ~ACCECHERRY BOX~』のファイナル公演がZepp Tokyoにて行なわれた。
11月14日(火)@Zepp Tokyo photo by 田中聖太郎 (okmusic UP's)

オープニングのSEが鳴り響いた瞬間に観客のざわつきが静まりかえり、ステージ上にプロジェクションマッピングで様々な文字が幻想的に写しだされた。すると今度は大原本人の映像も写し出され、文字と絡みあい益々幻想的な雰囲気を作り出す。そして気が付くと本人は既にステージ中央に。そのまま自分の映像と対話するかの様に歌いだした1曲目は3月にリリースされたシングル「ひらり」のカップリングに収録されTVバラエティ番組のテーマ曲となっていた「ALIVE」。幻想的なステージと荘厳な歌唱が美しいスタートとなった。

「ALIVE」の歌唱後すぐさま鳴り響くキラキラしたイントロの2曲目は、2017年夏に秦 基博の作詞作曲で話題となったシングル「マイ フェイバリット ジュエル」。まるでジュエルの様なキラキラした照明と、本人の「皆さん。こんばんわ!最高の一日にしましょう!」と元気な掛け声で一気に明るくキュートな雰囲気を演出。「皆さん、盛り上がる準備はいいですか!!チェリー~~~ブロッサム!!!」とファンにはおなじみのコールアンドレスポンスとともに始まった3曲目は「青い季節」。アッパーなPOPナンバーで一気に観客を盛り上げていく。「今日はテレビと全国の映画館でも生中継されてます!東京の会場の皆さんも負けないでね!」。そう、このツアーFINALは初のテレビ生中継というだけでなく、主要都市の映画館でのライブビューイングも同時に実施されている初づくしのライブ。派手なイントロで更に序盤の盛り上がりを作ったのは「Realize」。ここで観客もいきなり盛り上がりがピークに。続く5曲目は「トレモロレイン」。タイトルに因んだキュートな傘を持った歌唱で、ステージ上を雨に唄えばの様な雰囲気で歌い動き回る。ミュージカルも出演しているだけに思わず本人の動きに観入ってしまう瞬間だった。少し間のあった後に鳴り響くのは「瞳」のピアノイントロ。ここではギターを持ってストレートに歌い、曲の持つ強いメッセージをかみしめる様に歌っていく姿に、観客もサイネージを振りつつもじっくり聴き込んでいた。「瞳」は2番サビをファンに歌ってもらうのが最近のライブの定番となっており、この日のライブでも観客の大きな歌唱を聴く事ができた。

「今回のツアーでも新しい事に挑戦させて頂いてます。今回はカバー曲に挑戦しています。事前にリクエストを募集させて頂いたのですが、幅広い年齢の方に沢山ご応募頂きました。ありがとうございました。その中からお届けしたいと思います。いろいろなアーティストさんのライブを観させて頂いた中で一番感動した曲です。家族だったり、友人だったり、心の底から大切だと思う方を思い浮かべながらて聴いて下さい」というMC後に歌いだしたのはONE OK ROCKの「Wherever you are」。女性ならではの繊細な歌唱から、最後はまさに絶唱というに相応しい壮大なカバー曲披露となった。ここで本人とバンドメンバーが一度ステージ袖へ下がる。再登場の際は全員で可愛いトロッコを押しながら現れ、「アコースティックメドレー始まるよー!」の掛け声で観客の大きな歓声と共に始まったのは「のり巻きおにぎり」。1stアルバム収録のかわいらしいナンバーはバンドメンバーがおにぎりの被り物をしてパフォーマンスするのが定番となっており、微笑ましいアコースティックコーナーのスタート。そのまま「うたうたいのうた」、「オレンジのハッピーハロウィン」とキュートなナンバーをバンドメンバーもピアニカや、特製の手持ちリズムパッドやカホン等を駆使してパフォーマンスしていく。途中でこれもライブで定番の「ハッピー!ハッピー!ハロウィン!」のコールアンドレスポンスコーナーも。コールアンドレスポンスは観客との大きな「ハッピー!ハッピー!TOKYO!」で占める。その後は「おどるポンポコリン」。アコースティックコーナーとは思えない観客の盛り上がり! 更には2ndシングルの「頑張ったっていいんじゃない」までアコースティックコーナーで披露。曲の持つアッパーなテンションに会場の熱も更に高まって、最後に本人のクラッカーでアコースティックコーナーは締まる演出。微笑ましBGMで再度全員ステージ袖へ下がると観客は大きな拍手。再度、本人が登場すると「サイコ―裁判所!」の観客の声が。本人がバンドメンバーを呼び込むと「今回のツアータイトルはシングル「マイ フェイバリット ジュエル」に因んだアクセサリーと“櫻子”の「チェリー」を掛け合わせて決めました。ステージでもアクセチェリーボックスを披露したのですがいかがでした?」と謎のトロッコの正体を明かし、アクセチェリーボックスはお役御免でステージを退場。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会