体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生誕地は札幌の小さな酒場?全国でも珍しいオリジナル割り材「サッポロッピー」を飲んでみる

f:id:Meshi2_IB:20171026152925j:plain

お酒が好きで何でも飲んでいる私だが、なんとなくの自分の中でのブームがあり、5年ぐらい前はやたらビールが好きで、3年ぐらい前からしばらくはハイボール一辺倒になって、ここ最近はもっぱら焼酎ばかり飲んでいる。

ここで私が言っている焼酎は、高級な芋焼酎や泡盛といった“乙類”の焼酎ではなく、“甲類”の方だ。レモン炭酸で割ってレモンサワーとして飲んだり、緑茶で割って緑茶ハイとして飲んだりする方の焼酎である。

今さらなのだが、“焼酎をいろいろな割り材で割って飲む”、ということの奥深さと面白さを痛感している。前述したレモンサワーやグレープフルーツサワーといった“フルーツ系”、ほうじ茶やジャスミン茶などの“お茶系”、トマトジュースやウコンエキスなどで割る“体に良さそう系”など、どこの居酒屋さんのメニューにも実にさまざまなバリエーションがあり、その日その時の気分で選ぶことができる。当たり前のように享受しているけど、 “割り材”文化が私たちにもらしてくれたものは実はすごく大きいんじゃないだろうか。

さて、そんな“割り材”の歴史に新たな名前が加わろうとしている。

「サッポロッピー」である。

北海道・札幌生まれのご当地割り材だ。しかもその「サッポロッピー」は、カウンターとテーブル席あわせて12席ほどの小さなお店から生まれたという。

うわさを聞きつけ、飛行機に乗って飲みに行ってきた。

生誕地はバー「mayu繭」

「サッポロッピー」の発祥の地は、札幌市中央区の「mayu繭」というお店だ。まゆまゆと読む。

札幌の中心街の喧騒(けんそう)を少し離れた、狸小路の10丁目にある。

f:id:Meshi2_IB:20171026152647j:plain

お酒とお料理を楽しめるお店だが、居酒屋さんと言うにはオシャレな雰囲気。

ダイニングバーと呼ぶのが妥当かもしれない。

f:id:Meshi2_IB:20171026152656j:plain

このお店で2017年の6月から提供を開始しているのが「サッポロッピー」である。

f:id:Meshi2_IB:20171026152707j:plain

瓶入りの炭酸飲料で、“黄”と“赤”の2種類がある。

「サッポロッピー」自体はノンアルコールで、甲類焼酎の割り材にして味わうのが定番スタイル。コーヒーの苦味とレモンの酸味が印象的な味わいだ。

ホッピー好きが高じて……

繰り返しになるが、どこかの飲料メーカーが開発した新商品、ではない。小さな飲食店が自分たちの力で作ったものである。

って……一体なぜそんなことをしたのだろうか? そもそものところから店主の繭さんにお話を聞いてみた。

── このお店で出しているという「サッポロッピー」を飲んでみたくて来たのですが、そもそも、なぜこのようなものを作ろうと思ったんでしょうか!

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会