体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“学生経営カフェ”で働く大学生の本音!「社会の流れが見えて、社会人に一歩近づいた」

“学生経営カフェ”で働く大学生の本音!「社会の流れが見えて、社会人に一歩近づいた」

アルバイトをしながら、「もっといい接客方法を編み出したい」「メニュー開発をしてみたい」と思ったことのある人もいるはず。SNSなどで探してみると、アルバイトの枠を超えて学生が運営を行っているお店もあるようです。今回は、東京・高田馬場の学生経営カフェ「10°CAFE」にお邪魔して、働いている学生の本音とお店の実情を聞いてきました。

 

オープンのきっかけは「“文化祭の出店”を毎日開きたい」という思い

 

今回お話を聞いたのは、大学3年生の姫田樹さん、小川芽生さん、阪下駿さん。全員働き始めて1年半ほどが経った、ほぼ同期。“学生経営カフェ”で働く大学生の本音!「社会の流れが見えて、社会人に一歩近づいた」左から姫田さん、小川さん、阪下さん。3人ともお店に入った理由は「自分のアクションで店舗を変えたかったから」

――最初に、「10°CAFÉ」ができた経緯を教えてください。

 

姫田さん

姫田 11年前に就職活動を終えた大学生5人が、「自分達の居場所を作りたい」という理由で高田馬場に「10°BAR」というバーを開いたんです。その5年後、姉妹店として「10°CAFE」を創業したそうです。カフェは今年の12月で、丸6年になります。

 

阪下さん

阪下 創業者であるオーナーが学生時代に学園祭のスタッフをしていて、「1日だけじゃつまらない。毎日がイベントだったら面白いんじゃないか」って思って、カフェを始めたと聞いています。文化祭の出店を、毎日行っている感覚ですね。

 

――“学生だけで運営する”というコンセプトも、立ち上げた理由に起因しているんですね。皆さんは、どんな仕事をしているんですか?

 

姫田さん

姫田 全員、ドリンクを作ったり料理を提供したり、店員としての業務がベースにありますが、それと別に7つに分かれたチームに所属しています。入るチームは、自主的に選ぶ形になっています。僕はマーケティングチームで、売上の管理や分析、改善策の提示が主な仕事です。

 

小川さん
1 2 3 4 5次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。