体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エアアジアが厳選!バックパッカーがリッチなタイ旅行に行ってみた

エアアジアが厳選!バックパッカーがリッチなタイ旅行に行ってみた

ある日、私のもとに「タイへ取材で行ってくれない?」とTABIPPOから仕事の依頼が入りました。これまでタイを旅した経験もありますし、タイはバックパッカーの天国とも呼ばれる国です。とっても楽しいバックパッカー旅行記事が書けそうだと出発前からワクワク。

しかし…今回の旅行はアジア最大級のLCC、『Air Asia』がタイの魅力を伝えるために本気で組んだ リッチなツアーだったのです!

バックパッカーのイメージするタイとはかけ離れた「リッチなタイ」を体験してきましたので、レポートしていきます。

 

1日目「チェンライ」

タイ最北の町、チェンライ。ミャンマーやラオスと隣接していることもあり、陸路で国境を超えることが多いバックパッカーにとってはなじみの深い町です。世界中からバックパッカーが来るので、安宿やゲストハウスも多いそうです。狭いゲストハウスで宿泊。なんて旅人的…

えっ…一体なにが起こった…


▲見える範囲すべてホテルだそうです。

フロントですらおしゃれすぎて、バックパッカーは浮きまくっています。今回宿泊したのは「メリディアン チェンライ(Merdian Chiangrai)」。チェンライ最高級の五つ星ホテルです。部屋数はなんと1,000室以上!

もちろん、プールやジムもあります。

朝食は目の前で料理してくれるし、世界各国の料理がそろいます。1泊、数百バーツの宿にしか宿泊したことのないバックパッカーにとってまさに別世界と言った感じのホテルでした。

とはいえ、やはりタイは物価が安い!なんとこのホテル一泊3,000バーツ以下(約1万円)から宿泊できます。決して手が届かない範囲ではないですよね?ちょっとリッチなタイを満喫したいならぜひ宿泊してほしいホテルです!

 

チェンライちょこっと観光情報

1 2 3 4 5次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会