体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脳の疲労に?ウマくて頭もさえる「煮干しラーメン」を自作する【理系メシ】

f:id:Meshi2_IB:20170804105808j:plain

「煮干し」は脳の疲労に効くらしい。

某社のサプリメントの広告によると、「ヒスチジン」という物質を2週間取ると “頭のさえや注意力向上” が自覚できるのだそうだ。

「ヒスチジン」はアミノ酸の一種で、アレルギー反応を引き起こす「ヒスタミン」の前駆体。

マウスでの実験では学習能力の増強効果が見られたそうだ(※)。

※参考:体内抗酸化ジペプチドの認知症予防作用発見・カルノシン(βアラニル-ヒスチジン)

f:id:Meshi2_IB:20170925140449j:plain

「頭が良くなってすっきり」が本当なら素敵だが、「ヒスタミン」の影響で鼻水だらだらになってもらっては困る。

それに鼻水だらだらでは頭もすっきりしない。

だが、どうやら「ヒスチジン」をたくさん取ったからといって、「ヒスタミン」がたくさん作られるわけではないらしい。

そこは安心。

「ヒスタミン」には神経機能を安定化させる作用があり、これが脳の疲労回復や学習力向上の理由。さらに大分医科大学の坂田利家先生の研究によると、脳内の「ヒスタミン」は視床下部の満腹中枢に作用して、食欲を抑制するのだそうだ。

肥満のマウスは、視床下部のヒスタミン量が少ないという……きっと私の「ヒスタミン」も少ない。つまり「ヒスチジン」を大量に取れば、頭スッキリ、中年腹もスッキリということに!

……で、煮干しである。

「ヒスチジン」の含有量は青魚に多いのだが、煮干しにも多かったのだ。

煮干しで頭がさえてくる?

f:id:Meshi2_IB:20170925140243j:plain

ニボニボ系ラーメンがはやっている。

1杯あたり70~150gの煮干しを使い、ぐつぐつ煮た煮干しを突き崩して、濃厚な灰色のスープにする。

その強烈な煮干しの味……絶対、これは体に良いと思っていたのだが、「ヒスチジン」かあ!

しかも「ヒスチジン」は熱に強い。

ぐつぐつ煮ても全然平気。

サプリメントの「ヒスチジン」だと、1日あたり1,650mg。

産地や種類によってばらつきはあるものの、煮干しの遊離ヒスチジン含有量は100グラムあたり400~1,200mg(香水試研報 第15号・山本昌幸『カタクチイワシ煮干しにおける異なる産地のうま味成分の比較』)。

遊離ヒスチジンというは、アミノ酸として有効に働く「ヒスチジン」のことだ。

煮干し100グラムを食べるなんて不可能だが、ニボニボ系ラーメンなら可能だ。

激ニボラーメンを食べて、頭スッキリおなかまわりもスッキリしようではないか!

f:id:Meshi2_IB:20170925140250j:plain

……それで、作ってみたんですよ。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。