ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

脳の疲労に?ウマくて頭もさえる「煮干しラーメン」を自作する【理系メシ】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:Meshi2_IB:20170804105808j:plain

「煮干し」は脳の疲労に効くらしい。

某社のサプリメントの広告によると、「ヒスチジン」という物質を2週間取ると “頭のさえや注意力向上” が自覚できるのだそうだ。

「ヒスチジン」はアミノ酸の一種で、アレルギー反応を引き起こす「ヒスタミン」の前駆体。

マウスでの実験では学習能力の増強効果が見られたそうだ(※)。

※参考:体内抗酸化ジペプチドの認知症予防作用発見・カルノシン(βアラニル-ヒスチジン)

f:id:Meshi2_IB:20170925140449j:plain

「頭が良くなってすっきり」が本当なら素敵だが、「ヒスタミン」の影響で鼻水だらだらになってもらっては困る。

それに鼻水だらだらでは頭もすっきりしない。

だが、どうやら「ヒスチジン」をたくさん取ったからといって、「ヒスタミン」がたくさん作られるわけではないらしい。

そこは安心。

「ヒスタミン」には神経機能を安定化させる作用があり、これが脳の疲労回復や学習力向上の理由。さらに大分医科大学の坂田利家先生の研究によると、脳内の「ヒスタミン」は視床下部の満腹中枢に作用して、食欲を抑制するのだそうだ。

肥満のマウスは、視床下部のヒスタミン量が少ないという……きっと私の「ヒスタミン」も少ない。つまり「ヒスチジン」を大量に取れば、頭スッキリ、中年腹もスッキリということに!

……で、煮干しである。

「ヒスチジン」の含有量は青魚に多いのだが、煮干しにも多かったのだ。

煮干しで頭がさえてくる?

f:id:Meshi2_IB:20170925140243j:plain

ニボニボ系ラーメンがはやっている。

1杯あたり70~150gの煮干しを使い、ぐつぐつ煮た煮干しを突き崩して、濃厚な灰色のスープにする。

その強烈な煮干しの味……絶対、これは体に良いと思っていたのだが、「ヒスチジン」かあ!

しかも「ヒスチジン」は熱に強い。

ぐつぐつ煮ても全然平気。

サプリメントの「ヒスチジン」だと、1日あたり1,650mg。

産地や種類によってばらつきはあるものの、煮干しの遊離ヒスチジン含有量は100グラムあたり400~1,200mg(香水試研報 第15号・山本昌幸『カタクチイワシ煮干しにおける異なる産地のうま味成分の比較』)。

遊離ヒスチジンというは、アミノ酸として有効に働く「ヒスチジン」のことだ。

煮干し100グラムを食べるなんて不可能だが、ニボニボ系ラーメンなら可能だ。

激ニボラーメンを食べて、頭スッキリおなかまわりもスッキリしようではないか!

f:id:Meshi2_IB:20170925140250j:plain

……それで、作ってみたんですよ。

だってニボニボ系ラーメンのお店、増えたと言っても、みなさんの近所にはまだないでしょ?

私の家の近所にもない。

なので、作ろうと。動物系と煮干しスープを合わせた味だったから、煮干しを水で戻して煮て、

f:id:Meshi2_IB:20170925140257j:plain

鶏ガラでスープをとって、

f:id:Meshi2_IB:20170925140302j:plain

こちら(↓)を参考にチャーシューだって低温調理で作って、

www.hotpepper.jp

f:id:Meshi2_IB:20170925140309j:plain

ほら、おいしそうじゃないですか!

f:id:Meshi2_IB:20170925140315j:plain

「まずっ! これ、まずっ、俺は無理。絶対、食べられない」

……すまぬ。

ラーメン屋さんってホントにすごいな。

プロってすごいな。

作ってわかったのは、原価が半端ないという現実。大体の金額だが、 ニボシ400g 700円 鶏ガラ2個 300円 日高昆布 200円 ホルモンの残り 300円 ネギ3本 190円 にんにくひとかけら 30円 豚肩ロース 450g 600円 中華麺4つ 400円

(※↑近所のスーパーの相場です)

合計で2,720円。

それでできるのが4杯。たった4杯。

1杯あたりの原価が約700円。

通常、原価率は30%くらいなはずなので、つまり2,000円以上で出さなきゃもとが取れないってわけだ。

そんなラーメン、誰が食べるって話だ。

プロは仕入れもうまいんだな。

すごいな。

ゼロから激ニボラーメンを作るのは、コスト的にも料理的にも無謀であった。

なにか方法があるはず

……いいこと思いついた。

基本はインスタントでごまかそう。

インスタントの豚骨ラーメンにして、それを煮干しスープで作ればよいのではないか?

f:id:Meshi2_IB:20170925140321j:plain

煮干しを2~3時間水に浸して戻す。

f:id:Meshi2_IB:20170925140326j:plain

それを1時間煮る。

f:id:Meshi2_IB:20170925140332j:plain

フードプロセッサーやミキサーでジュース状に粉砕!

さらに30分煮る。

f:id:Meshi2_IB:20170925140339j:plain

その間に煮卵を作る。

沸騰したお湯(必ず沸騰させる)に卵を投入。

f:id:Meshi2_IB:20170925140345j:plain

7分間ゆでたら引き上げ、流水で冷やしながら皮をむく。

これでちょうどいい半熟になっている。

f:id:Meshi2_IB:20170925140352j:plain

卵はビニールパックに醤油と入れて置いておく。

時々ひっくり返してムラがないようにする。

f:id:Meshi2_IB:20170925140358j:plain

煮干しスープを目の細かいザルでこす。

f:id:Meshi2_IB:20170925140405j:plain

残った煮干しかすに水を加えてもう一度煮て、エキスを絞りとる。

煮るのは30分程度。

f:id:Meshi2_IB:20170925140413j:plain

付け合わせの玉ねぎを刻む。

f:id:Meshi2_IB:20170925140418j:plain

卵もキレイにできた。

f:id:Meshi2_IB:20170925140425j:plain

煮干し2回目スープをもう一度こして最初のスープと合わせ、これで完成。

f:id:Meshi2_IB:20170925140433j:plain

即席めんの作り方に従い、お湯の代わりに煮干しスープを使って即席めんを作る。

インスタントの豚骨ラーメンを選んだのは、煮干しラーメン屋さんのラーメンが豚骨ベースでストレート麺を使っていたから。

f:id:Meshi2_IB:20170925140438j:plain

完成。

1人分のラーメンの価格は即席めん130円程度に、スープは煮干し150円程度、それと卵と玉ねぎが数10円くらい。

これなら現実的だ。

f:id:Meshi2_IB:20170925140443j:plain

うまい!

体に染みる味がする。

煮干しの苦みが適度にアクセントになっておいしい。

煮干しスープはみそ汁は当たり前として、カップ麺に使ってもいいし、そのままスープとしても使える(粉末ダシを足すと苦みがごまかせる)。

多めに作っておけば使い回せて便利。

うま味が猛烈に強いせいか、食べ終わってもまた食べたくなる。

続けたら、頭もスッキリするんじゃないか?

そんな濃厚なる滋味という、新しいおいしさなのだった。

※この記事は2017年の10月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:川口友万

川口友万

サイエンスライター。科学情報サイト『サイエンスニュース』の編集統括。企業取材からコラム、科学解説まで、科学をテーマに幅広く扱う。東京・武蔵小山で、毎週日曜日のみ、肉に電気を流して食べたり、ワインを超音波で振動させて飲むイベントバー『科学実験酒場』を主宰。 サイエンスニュース:サイエンスニュース 科学実験酒場:科学実験酒場 友の会 アシスタント高実のブログ:高実茉衣の?こあく茉衣にゃん茉衣ペースブログ?

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

6分ゆでて4分冷やす!完璧にトロトロな「半熟たまごのアンチョビマヨソース」
【地獄の料理人】鈴木研一(人間椅子)のハードロック料理講座
【鉄道メシ】元オリエント急行シェフの並々ならぬ情熱と執念が、レジェンド寝台車「夢空間」を引き寄せた

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。