ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

この冬わざわざ食べに行きたい!ご当地で味わう絶品“旬”グルメ19選【東日本】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
鮨 治ろうや

冬にこそ、旬を迎えるごちそうがある。旬食材を最高においしくいただくには、ご当地ならではの食べ方で、現地で味わうのが一番。今回は、東日本エリアでこの冬わざわざ食べに行きたい、おすすめの旬グルメをご紹介!

旬を迎える海鮮をはじめ、猟期のジビエに新そばなど・・・この時期ならではの絶品グルメばかり。現地でその逸品を味わえば、この冬とっておきの思い出になること間違いなし!

記事配信:じゃらんニュース

※表記されている金額は最低料金です。時期により変動する可能性があります。

1.鮨 治ろうや【千葉県銚子市】

脂の乗ったキンメダイの旨みを引き出す食し方。

鮨 治ろうや伊達巻きと地魚の入ったお任せ握り 3300円。地元産醤油を使った秘伝ダレに漬け、軽く炙って塩をのせた絶品寿司。

日本最東端の鮨処。地元外川漁港で水揚げされた地魚を中心にした、旬のネタが目白押し。「寿司にすることで、魚のおいしさをさらに感じてもらえたら」との思いで握る寿司は、絶品。

銚子ツリキンメの炙り寿司:12月~2月が旬!

底網を使わず、1尾ずつすべて漁師の腕で釣り上げる銚子ブランドの高級キンメダイ。キンメダイ漁の北限にあたり、親潮と黒潮がぶつかり、利根川が注ぎ込む豊かな漁場のため、一年中脂乗りがいいのが特長。地元産醤油に漬けて軽く炙れば、脂の旨みが口いっぱいに広がる。 鮨 治ろうや

TEL/0479-22-0435

住所/千葉県銚子市外川町2-10608

営業時間/11時30分~14時、17時~21時

定休日/不定

アクセス/東関東道佐原香取ICより1時間20分

駐車場/3台

「鮨 治ろうや」の詳細はこちら

2.かにや戸田本店【静岡県沼津市】

一粒の米にまで染み込んだ冬の海が育むカニの旨み。

かにや戸田本店高足ガニ釜めし定食 3240円。シメは出汁をかけていただく。写真の釜揚げ、シュウマイは別売り。

網元光徳丸直営のタカアシガニ料理専門店。1尾まるごと釜揚げや、リーズナブルな定食、単品まで幅広いタカアシガニ料理を用意。深海魚、エビなど、獲れたての魚介類も味わえる。

戸田(へだ)のタカアシガニの釜飯:11月~2月が旬!

深海に棲み、脚を広げると3~4mに達する世界最大のカニ。日本屈指の水揚げ量を誇る伊豆の戸田では、9月~5月が漁期だが、寒い時期ほど身が引き締まる。秘伝の出汁とタカアシガニの身を入れて、もち米入りの米を30分でじっくり炊きあげた釜飯は、カニの旨みがたっぷり。 かにや戸田本店

TEL/0558-94-2235

住所/静岡県沼津市戸田354-4

営業時間/10時30分~16時

定休日/火、不定

アクセス/東名沼津ICより1時間15分

駐車場/30台

「かにや戸田本店」の詳細はこちら

3.元祖あんこう鍋 山翠【茨城県水戸市】

濃厚な肝が味の決め手!コクたっぷりのあつあつ鍋。

元祖あんこう鍋 山翠あんこう鍋1人前 3672円。肝に脂が乗った東北&北海道産のほんあんこうを使用。※写真は3人前

約70年の歴史を持つ老舗店。創業当時から続けるあんこう料理のほか、水戸ならではの郷土料理も目白押し。あん肝と味噌を炭火で焼いた「秘伝の焼き味噌」を入れることでコクと風味をUP。

あんこう鍋:11月~3月が旬!

あんこうは、身、皮、内臓、エラまで食べられないところがほとんどないという貴重な高級魚。「西のふぐ、東のあんこう」と評されるほど、茨城ではおなじみの冬の味覚だ。人気の食べ方は、海のフォアグラといわれる肝が入ったあんこう鍋。味噌味、醤油味などお店によって味の違いも。 元祖あんこう鍋 山翠(さんすい)

TEL/029-221-3617

住所/茨城県水戸市泉町2-2-40

営業時間/11時~14時30分、17時~21時

定休日/火(不定)

アクセス/常磐道水戸ICより15分

駐車場/150台

「元祖あんこう鍋 山翠」の詳細はこちら

4.地魚料理 松輪【神奈川県三浦市】

軽く炙ってさらに際立つ高級サバの脂の旨み。

地魚料理 松輪松輪サバの炙りとろ 2600円前後。パリッパリに皮を炙った、贅沢なサバの半身。ポン酢でいただく。 地魚料理 松輪盛りつけまで美しい、松輪しめサバ丼2000円前後

松輪サバ、湘南しらす、金目鯛など、旬の三浦産地魚を厳選。素材の良さを活かす調理で、季節の地魚メニューを提供する。全席オーシャンビューで、房総半島や大島、富士山を見渡す抜群の眺望。

松輪サバの炙り:9月~11月が旬!

好漁場の三浦市松輪漁港。ここで水揚げされる高級ブランドサバが松輪サバだ。秋には皮が脂で輝き、「黄金サバ」の別名も。一本釣りされた松輪サバは、出荷直前まで生かされ、生食できるほどの鮮度。シンプルな調理で味わうのが正解!水揚げにより提供不可の場合があるため、要確認。 地魚料理 松輪(まつわ)

TEL/046-886-1767

住所/神奈川県三浦市南下浦町松輪264 エナヴィレッヂ2階

営業時間/11時~16時(LO15時)

定休日/火

アクセス/横浜横須賀道路佐原ICより15分

駐車場/120台

5.地魚処 すずき家【千葉県鴨川市】

サクサク&プリリッ。究極の食感がヤミツキに。

地魚処 すずき家元祖伊勢海老天丼 1700円。秘伝のタレをかけた自慢の逸品。甘みもたっぷりで美味。

鴨川港で水揚げされたばかりの地魚を中心に、こだわりの海鮮料理を提供。丼の中身は、房州エビはもちろん、お米も野菜もすべて鴨川産。房州エビの頭半分が入った出汁たっぷりの味噌汁も。

房州エビの天丼:9月~11月が旬!

日本屈指の漁獲高を誇る千葉県では、伊勢海老あらため「房州エビ」としてブランド化を推進。国内北限の漁場であり水温が低いため、味が濃く、身がプリリッと締まっているのが特徴だ。丸ごと1尾を揚げた天ぷらは、絶妙な食感。濃厚なミソまでたっぷり味わい尽くしたい。 地魚処 すずき家

TEL/04-7092-1313

住所/千葉県鴨川市横渚1104-16

営業時間/11時30分~14時、17時~21時30分

定休日/不定

料金/元祖伊勢海老天丼1700円

アクセス/館山道君津ICより50分

駐車場/10台

「地魚処 すずき家」の詳細はこちら

6.旬の味 ごろさや【静岡県下田市】

煮込むほど深い味わいに。これぞ和風ブイヤベース!

旬の味 ごろさやいけんだ煮みそ2~3人前 3300円。通常のいけんだ煮味噌に高級イセエビを入れるのが「ごろさや」流。

地元の新鮮素材にこだわり、下田港で揚がる旬の魚介を直接漁師から買い付け。漁師直伝の料理が自慢で、キンメダイの煮付けも名物。いけんだ煮味噌は、10月~4月までの季節限定メニュー。

いけんだ煮味噌:9月~5月が旬!

寒い時期、漁から戻ると獲れた魚介に野菜を加え、浜辺で鍋にして食べていたという、下田に伝わる漁師料理。カニや貝、キンメダイや小魚など磯の恵みがたっぷりの具に、さらにイセエビを投入。煮るほどに魚介と自家製味噌が香る和風ブイヤベースはおじやにしても絶品。 旬の味 ごろさや

TEL/0558-23-5638

住所/静岡県下田市1-5-25

営業時間/11時30分~14時、17時~21時

定休日/木

アクセス/東名沼津ICより1時間45分

駐車場/4台

「旬の味 ごろさや」の詳細はこちら

7.鮨・割烹 丸伊【新潟県新潟市】

刺身でもうまい寒ブリをサッとくぐらせて旨さ倍増。

鮨・割烹 丸伊佐渡寒ブリのブリしゃぶ 1人前 3000円前後。昆布出汁の鍋にサッとくぐらせ、表面が霜降りになったら食べ頃。

繁華街・古町の鍋茶屋通りにある寿司処。魚の鮮度はピカイチ。ブリは、佐渡沖の天然物を1尾買いにするというこだわりも。郷土料理、地酒、会席料理も楽しめる。

寒ブリのしゃぶしゃぶ:11月~1月が旬!

晩秋の頃、日本海を南下しはじめるブリ。いち早く水揚げされるのが、新潟の佐渡だ。丸々と太ったブリは、「寒ブリ」と呼ばれるベストな状態。しゃぶしゃぶでいただけるのは、上品な脂をしっかりと蓄えているからこそ。舌の上でとろけるような至福の味わいを堪能したい。 鮨・割烹 丸伊

TEL/025-228-0101

住所/新潟県新潟市中央区東堀通8-1411

営業時間/11時30分~14時、17時~22時30分

定休日/なし

アクセス/新潟バイパス桜木ICより15分

駐車場/なし

「鮨・割烹 丸伊」の詳細はこちら

8.せかい鮨【新潟県新潟市】

炙り×天然塩でいただく、超高級!白身のトロ。

せかい鮨のどぐろ炙り丼 2160円。特に脂乗りがよく美味と言われる岩船沖産のノドグロを使用。数量限定(要確認)。

旬の地魚をふんだんに使いながら、米どころ、魚どころの新潟の魅力を存分に味わえるお店。南蛮海老、寒ブリ、ズワイガニをはじめ、フナベタ、バイ貝など、新潟でしか味わえない地元ネタが豊富。

のどぐろの炙り丼:11月~2月が旬!

豊かな旨みと脂乗りから高級魚として知られる白身魚の王様。新潟では「白身のトロ」とも呼ばれる上質な脂が特長だ。刺身や塩焼きも美味だが、真骨頂は炙り。冷たい海水で身が締まり、脂が乗ったノドグロの表面をサッと炙り、天然塩を振っていただく丼は悶絶級のおいしさ。 せかい鮨

TEL/025-244-2656

住所/新潟県新潟市中央区沼垂東4-8-34

営業時間/11時~14時、17時~21時30分

定休日/月 ※祝日の場合は翌日

アクセス/日本海東北道新潟亀田ICより15分

駐車場/2台

「せかい鮨」の詳細はこちら

9.軽井沢ベジビエ【長野県軽井沢町】

滋味あふれるジビエとたっぷり野菜の至福コラボ。

軽井沢ベジビエベジビエバーグサンド 1836円。ニンジンラペと葉物野菜もたっぷり。自家製タルタルソースも美味。

信州のイノシシ、北海道のエゾシカなどヘルシーなジビエ肉にくわえ、高原野菜をたっぷりと使ったメニューを提供。ヴィーガン(完全菜食主義者)対応メニューもあり。

ジビエ料理:11月~2月が旬!

人気急上昇中のジビエ料理 。通年食べられるものの、長野では猟期となる11月15日~2月15日は提供店舗も増え、本格的なジビエシーズンに。初心者にもおすすめなのが、ベジビエバーグサンド。鹿肉と猪肉を使用したハンバーグは、ハーブが香るスパイシーな逸品。麦パンとの相性も◎。 軽井沢ベジビエ

TEL/0267-41-6939

住所/長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東184-1

営業時間/11時~16時(LO15時)、18時~22時30分(LO21時30分) ※季節によって変動あり

定休日/木

アクセス/上信越道信濃町ICより1時間

駐車場/5台

「軽井沢ベジビエ」の詳細はこちら

10.そばの実【長野県長野市】

つるりとしたのど越しと香り高さが自慢のおそば。

そばの実ざるそば 860円。戸隠産を中心に県内産のそばのみを使用。戸隠独特の盛り方「ぼっち盛り」。

契約農家から玄そばを直接仕入れて、自家製粉。そのため、いつも挽きたての風味が味わえる。戸隠の山々の水で職人が丁寧に打ち込むそばは絶品。

信州の新そば:11月、1~2月が旬!

そば処で有名な信州でも筆頭に挙げられるのが戸隠のそば。昼夜の寒暖差が大きい戸隠では霧に覆われることが多く、風味高く良質なそばが育つ。11月頃は採れたての新そばらしい風味が味わえ、1~2月頃になると深みが出て、また違ったおいしさが味わえる。 そばの実

TEL/026-254-2102

住所/長野県長野市戸隠3510-25

営業時間/11時~16時

定休日/木、第2金

アクセス/上信越道信濃町ICより25分

駐車場/30台

「そばの実」の詳細はこちら

11.中込駅前 三河屋食堂【長野県佐久市】

臭みがなく、ホクホク。どこか懐かしい汁料理。

中込駅前 三河屋食堂鯉こく定食 1700円。しっかりとした食感、程よい脂が楽しめる2kgサイズの鯉を主に使用。

鯉料理、鰻料理を得意とし、和食を中心にリーズナブルな丼や定食も幅広く提供。店の目の前に鯉卸し専門店があり、いけす直送の新鮮な鯉を使用。

佐久鯉の鯉こく:12月~2月が旬!

1825年から養殖の歴史がある佐久鯉。信州の清水で育った佐久鯉は、臭みがなく、身が引き締まり、適度に脂が乗った肉質が特徴。鯉料理を代表する鯉こくは、輪切りにした鯉、地酒、麹たっぷりの信州味噌にお好みの調味料を合わせたシンプルで味わい深い汁料理。 中込駅前 三河屋食堂

TEL/0267-62-0037

住所/長野県佐久市中込1-21-4

営業時間/11時~14時30分、17時~21時

定休日/不定

アクセス/上信越道佐久ICより10分

駐車場/近隣に有料駐車場あり

「中込駅前 三河屋食堂」の詳細はこちら

12.Zackばらん【千葉県勝浦市】

あぶらののったキンメの身と甘辛のタレがごはんに合う!

Zackばらん7~8分煮ると、身はふんわり、照りのある美しい色に Zackばらん注文後に煮込むので、見栄えも味も作り置きとは別格!

勝浦港で揚がる旬の新鮮魚介を提供するお店。キンメダイといえば静岡がメジャーだが、勝浦も水揚げ量が多く、リーズナブルな価格で楽しめることが多い。大きめのキンメダイはしゃぶしゃぶにするのも人気。

キンメダイの姿煮 1800円~

11月頃からさらにおいしくなるキンメダイ。やわらかな身は特製たれと相性がよく、ご飯も進む! Zack(ザック)ばらん

TEL/0470-73-8300

住所/千葉県勝浦市墨名800-1

営業時間/11時~14時、17時~23時

定休日/不定

アクセス/圏央道市原鶴舞ICより40分

駐車場/5台

13.たきわ【青森県鰺ヶ沢町】

高級魚の寒ビラメを厚切りの漬け丼で堪能。

たきわヒラメ漬け丼1000円。冷蔵庫で寝かせ旨みを引き出したヒラメを使用。特性の醤油ダレが美味。

鰺ヶ沢漁港の目の前に立つ。魚介類の販売店も併設。12月~2月はシケで水揚げがないことも多く、店を閉めることもあるため要事前問い合わせ。

ヒラメの漬け丼:11月~1月が旬!

国内屈指の水揚げ量を誇る青森県。なかでも、白神山地の水流が流れ込む日本海で育まれた鰺ヶ沢のヒラメが有名。通年捕獲されるが、冬の「寒ビラメ」は身が肥えてさらに美味。ただし、冬はシケが多いため貴重な魚に。醤油ダレをまとったヒラメの漬け丼は、ヤミツキになる味。 たきわ

TEL/0173-72-7531

住所/青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字本町199

営業時間/11時~14時30分(魚がなくなり次第終了)

定休日/不定 ※12月~2月は冬季休業のため要予約

アクセス/東北道大鰐弘前ICより1時間15分

駐車場/10台

「たきわ」の詳細はこちら

14.サバの駅【青森県八戸市】

秋獲れの大型銀サバを使用。まるでトロ!?なジューシーさ。

サバの駅銀鯖棒寿し 1本2400円(ハーフサイズ4カン1200円)。契約農家から仕入れた低農薬のあきたこまちを使用。爽やかな酸味。

八戸前沖サバの専門料理店。オリジナルのサバ料理を提供してくれる。サバの串焼き、サバのづけなど定番のほか、サバ棒寿司の天ぷら、サバーガーなど珍しいメニューも。

八戸前沖サバの棒寿司:9月~11月が旬!

日本最北のサバの漁場である八戸前沖。冷涼な漁場で漁獲されたブランドサバは、脂乗りが良く、DHA・EPAという不飽和脂肪酸が豊富なのが特徴。大型であればあるほど脂肪を蓄積するため、550g以上の銀サバを使用するという棒寿司は絶品だ。 サバの駅

TEL/0178-24-3839

住所/青森県八戸市六日町12

営業時間/17時~24時

定休日/日、年末年始

アクセス/八戸道八戸ICより8分

駐車場/なし

「サバの駅」の詳細はこちら

15.和食処 浜ゆう【岩手県宮古市】

内臓のほとんどが肝!旬魚のうまみを丸ごと食す。

和食処 浜ゆうどんこ鍋2人前 2808円~。吸い物、もしくは、味噌仕立てに。たっぷりの旬野菜とともに煮込む。 和食処 浜ゆうどんこ汁のほか、肝たたき、唐揚げあんかけ、肝みそやきなどどんこ料理が充実 和食処 浜ゆう調理前のどんこ。口から出ているのが肥大した肝

和風で落ち着いた割烹風居酒屋。三陸の魚介を中心に旬食材を用いた郷土料理や和食が絶品。とくにどんこ料理が有名で、冬場限定のどんこ鍋のほか、「どんこの肝たたき」(810円~864円)なども。

どんこ鍋:12月~3月が旬!

三陸の冬の味覚として知られる「どんこ」。正式和名はエゾイソアイナメというタラの仲間で、最大の魅力は大きく濃厚な肝。通年食べられるが、淡泊な白身に脂がのり、肝が肥大化する冬場が旬。煮ても焼いても揚げても美味だが、肝のうまみが溶け込んだ鍋はコクがあり、ヤミツキに。 和食処 浜ゆう

TEL/0193-62-8264

住所/岩手県宮古市大通1-4-23

営業時間/17時30分~22時

定休日/日・祝

アクセス/釜石道遠野ICより2時間30分

駐車場/近隣に共同駐車場あり ※2500円以上の飲食で駐車券チケット1時間券を発行

16.田園 亘理店【宮城県亘理町】

厳選された銀系のオス鮭と、プチプチいくらの贅沢親子丼。

田園 亘理店はらこめし定食 1728円。身の厚い銀系のオス鮭、適度に脂が乗った最高級のいくらのみを使用。

はらこ飯を筆頭に、夏はホタテ飯やあなご飯、冬は牡蠣飯やほっき飯など、厳選された旬の食材を活かした郷土の味を提供。はらこ飯の提供は9月~12月中旬までの期間限定。

はらこ飯:9月~12月が旬!

炊きこんだご飯の上にいくらと秋鮭をのせたはらこ飯は、亘理町の郷土料理。秋から冬にかけて獲れる「秋味」と呼ばれる脂乗りのいい銀系のオス鮭と、新鮮な生いくらを使用。鮭のアラでとった出汁で鮭の切り身を煮込み、その煮汁でご飯を炊き込む。この時期しか味わえない名物飯。 田園 亘理店(でんえん わたりてん)

TEL/0223-34-8760

住所/宮城県亘理郡亘理町逢隈上郡字上147

営業時間/10時30分~20時30分

定休日/水(祝の場合は翌日)、木は不定、元日

アクセス/仙台東部道路亘理ICより10分

駐車場/60台

「田園 亘理店」の詳細はこちら

17.松島さかな市場 焼がきハウス【宮城県松島町】

これぞ、松島名物!スコップで豪快に浜焼き。

松島さかな市場 焼がきハウス牡蠣食べ放題(45分) 2200円。鉄板を囲み、目の前で豪快に焼く。レモンやポン酢、醤油をお好みで。

活魚や鮮魚、海産物などを豊富に揃える市場に立つ。45分間の制限時間内で好きなだけ牡蠣の蒸し焼きを食べられるシステム。牡蠣ご飯、かき汁の付いた食べ放題セット(2700円)も。

牡蠣(かき)小屋の焼き牡蠣:10月~3月が旬!

冬に旬を迎える宮城県産の真牡蠣は、濃厚&クリーミーな味わいが特長。様々な食べ方があるが、ぜひ体験したいのが宮城名物の牡蠣小屋。冬に向かって身がぷっくりと肥える地元松島産の牡蠣を、鉄板で豪快に浜焼き。磯の旨みが凝縮した牡蠣は、そのままでも美味。 松島さかな市場 焼がきハウス

TEL/022-353-2318

住所/宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂4-10

営業時間/8時30分~16時

定休日/なし

アクセス/三陸道松島海岸ICより10分

駐車場/40台

「松島さかな市場 焼がきハウス」の詳細はこちら

18.水の食卓 百けん濠【山形県鶴岡市】

旬の寒ダラをまるまる使う極寒期の絶品漁師汁。

水の食卓 百けん濠鱈汁1杯 972円。鱈の旨味を丸ごと味わえる一杯。風味豊かな岩海苔付き。要予約。

お濠をイメージした水辺のレストラン。美しい風景を眺めながら、庄内の新鮮な魚介とおいしい地酒の数々が楽しめる。産地直送の食材にこだわり、寒ダラは、由良港産をメインに使用。

鱈のどんがら汁:12月~2月が旬!

雪の降る頃からおいしさを増すと言われる、真鱈。日本海庄内地方に伝わる「どんがら汁」は、この時期にしか獲れない白子たっぷりの寒ダラをまるごと使う郷土汁。頭から内臓ごとブツ切りにした寒ダラを、豆腐とネギなどの食材と一緒に味噌仕立てで煮込んだ、体が温まる逸品だ。 水の食卓 百けん濠

TEL/0235-29-0888

住所/山形県鶴岡市馬場町14-2 鶴岡タウンキャンパス

営業時間/11時~22時

定休日/不定

アクセス/山形道鶴岡ICより10分

駐車場/50台(鶴岡公園駐車場)

「水の食卓 百けん濠」の詳細はこちら

19.秋田きりたんぽ屋【秋田県秋田市】

ブリブリ食感がたまらない。秋田名産づくしの鍋。

水の食卓 百けん濠しょっつる鍋(中鍋) 2980円。2種類のしょっつるを独自にブレンドしたこだわりの出汁が決め手。 水の食卓 百けん濠秋田名物きりたんぽ鍋(2~3人前2980円)もオススメ!

「秋田を食べつくす」をコンセプトに、秋田が誇る美食メニューを余すことなく提供。表面はカリッと中はモチモチとした炭火焼きのたんぽを使う、きりたんぽ鍋も人気。こだわりの銘酒も勢揃い。

ハタハタのしょっつる鍋:11月~12月が旬!

秋田の食卓に馴染み深いハタハタは、産卵期の11月~12月頃が旬。メスのお腹には「ブリコ」と呼ばれる卵がみっしりと詰まっている。秋田名物の魚醤「しょっつる」を用いたしょっつる鍋は、しょっつるの独特の風味と、ぷりっと弾力のある子持ちのハタハタがベストマッチ。 秋田きりたんぽ屋

TEL/018-801-2345

住所/秋田県秋田市中通2-7-6

営業時間/ランチ(日祝のみ)11時30分~15時、ディナー17時~翌1時

定休日/なし

アクセス/秋田道秋田中央ICより15分

駐車場/近隣に有料駐車場あり

「秋田きりたんぽ屋」の詳細はこちら

※この記事は2017年11月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

グルメ王国宮崎の厳選食材を福岡の名店で♪グルメイベント開催中!【福岡】
【話題】2017年秋は韓国発祥のトレッキング「九州オルレ 平戸コース」へ!
もふもふで可愛い♪東京ディズニーリゾート(R)のクリスマス限定グッズ【2017】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。