ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ブロックチェーンが働き方を変える!データとサービスを結びつける「Neuromation」のエコシステム

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
人工知能(AI)は、現実世界の複雑な課題を解決する。画像認識や自然言語処理によって、様々な産業で自動化が進められるなか、機械学習に用いるデータの需要が増している。

また、技術者不足の深刻さが叫ばれており、データを扱い機械学習モデルを構築する人材はリソースしてとても貴重だ。

こうしたなか、データの効率的な収集と、技術者やコンピューティングパワーなどのリソースの有効活用を掲げるブロックチェーンプラットフォームが表れた。

機械学習のグローバルなリソースプールを目指す「Neuromation」の構築しようとするエコシステムとはどんなものなのか。

・リソース活用をニューロトークンで支払い

Neuromationプラットフォーム上では、サービス提供者とユーザーがニューロトークンという独自トークンを介してやりとりする。

例えば、サプライチェーンの自動化・効率化や、バイオテクノロジーの研究などに機械学習を活用したいユーザーが、プラットフォーム上でサービスを依頼することができる。

このプラットフォームがユニークなのは、機械学習のためのセンサ入力データなどもニューロトークンと交換できる点だ。さらには、データと機械学習モデルの交換なども可能となっている。

・マイクロペイメントと自動化が通貨の流れを変える

Neuromationプラットフォームでは、機械学習のためのタスク遂行や機械学習モデルの提供、コンピューティングリソースやデータの提供、ニューロトークンのマイニングなど細かい単位での取り引きができる。

実はこうしたサービスの細切れが実現するのは、ブロックチェーンならではの利点で、やり取りの自動化により決済・送金コストがほとんど発生しないことや、履歴が正確に記録されれるシステムに拠るものだ。

さらには、トークンは貨幣と違い極小単位で送金でき、1円未満の取り引きももちろん可能になる。

こうしたマイクロペイメントの仕組みを実装したブロックチェーンプラットフォームがインフラとなることで、今後は、例えばセンサーを設置している個人がデータを自動的に提供して報酬を得るような社会が実現すると考えられ、まさに分散型システムの利点が結実していく様を見るようだ。

参照元:A NEW LEVEL OF WORKING WITH SATA IS THE ADVANTAGE OF “SMART MINING”/bitcoinist

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。