体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大学内で迷子、カンニング疑惑…現役大学生が語る「入試失敗談」

年末も近づき、いよいよ受験シーズン目前!

 

必死に勉強をして挑むからこそ、試験当日は最高のコンディションで「もてる力を存分に出し切りたい!」と思うもの。

 

でも、うっかりミスやちょっとしたことが原因で「試験に集中できなかった…」なんて失敗談をもつ先輩も。

 

そこで今回は、都内の現役大学生37名に「大学入試でやってしまった失敗談」について聞いてみることに。

 

これを知っておけば、当日の受験対策は万全!?

体調管理編

睡眠編

天候・交通編

持ち物編

試験編

面接編

 

体調管理編

大学内で迷子、カンニング疑惑…現役大学生が語る「入試失敗談」 ・「試験当日、普段は食べないのに早起きして朝ごはんを食べたら、試験中にお腹が痛くなってしまった…。規則正しい生活は、いきなりやってもダメなんだなと思った」(大1女子・東京)

 

・「昼休みに『気合いを入れよう!』と思って慣れないエナジードリンクを飲んだら、お腹を壊した。いつも飲まないような刺激のある飲み物は避けたほうがいい!」(大1女子・東京)

 

・「集中力を高めようと思って休み時間にコーヒーを飲んだら、試験中にトイレに行きたくなって困った。カフェインは利尿作用があるから、試験の時は飲まないほうがよかったと思う」(大3女子・埼玉)

失敗談で多くの声が集まったのが、「慣れないものを食べたり飲んだりしてお腹が痛くなった」という意見。

 

休み時間はついソワソワして「何かしなきゃ」と思いがちだけど、コーヒーやエナジードリンクなど、刺激的なものを飲むのは危険!

 

普段から、試験開始の時刻を想定して朝ご飯を食べたり、緊張した時に気分が落ち着くストレッチを覚えておくなど、ルーティーンを作っておくと安心かも。

 

睡眠編

大学内で迷子、カンニング疑惑…現役大学生が語る「入試失敗談」 ・「前日、遅くまで勉強しすぎたせいで睡眠不足のまま試験に挑むことに。結局、試験中に10分くらい寝落ちしてしまい、起きてからかなり焦って問題を解くハメになった」(大2女子・東京)

 

・「一夜漬けしようとして徹夜して試験に向かったら、眠すぎて全然集中できなかった。普段からきちんと勉強しておくべきだった…」(大1男子・東京)

 

・「試験会場が、いつも通っている高校よりも遠くにある大学だったのに、普段と同じ時間に起きてしまいかなりギリギリだった。トイレに行く時間がなくて、1時間目の試験は集中できなかった」(大2男子・東京)

試験の前日は、緊張して眠れなかったり遅くまで勉強してしまいがちだけど、睡眠不足で試験に挑んだ先輩たちのほとんどが「しっかり寝ておけばよかった」と後悔しているみたい。

 

寝るのが遅くなったせいで、大事な日の朝にうっかり寝坊してしまう…なんてこともあるので要注意! ・「予備校の先生に『センター試験は朝早くから長時間戦うことになる』と言われて、秋頃から朝型の身体にしていた。前日もすぐ眠れて、朝もスッキリ目覚められた」(大1女子・東京)

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。